麺彩 味くら (あじくら)

味くら−味くらつけ麺
味くらつけ麺 800円
つけ麺系

クリアな味わいの和風出汁を醤油とお酢でキリリと纏めた上品なつけ麺

コッテリ:◎○○○○(芯の太い節系出汁が前に出た和風醤油つけ汁)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(コリコリとした食感を持つ縮れ細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量やや多め。厚切りチャーシューほか)
おすすめ:アッサリ,スッキリ,濃い味,上品,無化調,ぶらり,軽呑み,深夜,友人同僚

住所:熱海市中央町6−3
TEL:0557−82−7003
営業時間:11:30〜14:00
     18:00〜27:00
休日:無休
駐車場:なし
座席:カウンター8 テーブル2×1 座敷6×3
URL:麺彩 味くら
最寄り駅:JR東海 東海道本線 熱海駅


去年末に突如熱海に現れた、素材を活かした自然派ラーメンを提供するお店「麺彩 味くら」さん。
前回の「塩らーめん」の印象がとても良かったので、今度はつけ麺を食べに、熱海まで来てみました。
ピーカン晴れの今日は、少し早めに家を出て熱海に向かってみることに。
私がラーメンを食べ歩く際は殆どが車での移動になり、今日のように天気の良い日は窓を開け、伊豆の空気を一杯吸い込みながら走るのが気持ちよく、こんな日にリゾート地熱海に向かうことができるなんてそれだけで幸せいっぱいです。
函南を抜け、トンネルに入り、トンネルを抜けるとそこはやや霞がかっていました。
標高の関係なのか、モナコのように海を見下ろすように街並みが広がっているためかわかりませんが、同じ東部でもこんなにも天候が違うとはちょっと驚きです。
トンネルを抜けて最初の交差点を右折、その後はしばらく急な下り坂が続きます。
この県内でも珍しい長い急な坂を下っていると、(あぁ熱海に来たんだなぁ)といつも思います。
熱海で食べ歩く際は駐車場のあるお店が殆どないので、常にコインパーキングを利用することになります。
私の場合はいつも同じ駐車場を使っており、今回目指す「麺彩 味くら」さんからも近い、市役所となりのコインパーキングに停めました。
安いわけではなく、単に中心地にあるので利便性がいいという理由ですが、もっと安くて便利な駐車場ってあるのでしょうか。
お店の開店時間直後を狙って行ったため、意味はありませんが一番乗りだといいなぁと思いながら、お店に歩いて向かいます。
ガラガラと音を立てて引き戸を開けて店内に。
カウンターと2名掛けのテーブルのみの小さな店内には、既に先客が1名。
おぉ、早い!まだ開けたばかりだというのに。。
厨房では前回突撃した際の店員さんが既にラーメン作りに励んでいました。
カウンターの一番端に陣取り、メニューを見ます。
目当てのつけ麺はノーマルの「つけ麺」の他、「味くら つけ麺」というのがあり、こちらはどうやらレモンスライスがつけ汁に添付され、途中で味を変えて楽しむことが出来るようです。
というわけで、迷うこと無くその「味くら つけ麺」をオーダー。
ちなみにこのお店、スープはうま味調味料を使用せず、極力地元の素材を使っているそうで、その味を活かすべく、スープは小鍋で一杯ずつ温めていました。
手間はかかりますが、このほうが美味しいんですよね。
つけ麺なのでまずは麺から食べてみます。
縮れの強い細麺は恐らく玉子麺で甘味があり、水で締め上げられているためにややコリコリとした食感があります。
つけ汁は前回食べたラーメンと同じく、鰹節を初めとした節系を主軸とした和風出汁が前面に押し出された、魚介風味の強いもので、脇を固めるように動物系スープが後から主張してきます。
その優しいお出汁を、醤油のやや丸みを帯びた塩辛さと、キリリと鋭いお酢の風味が纏め上げており、全体的にシャープな味わいに仕上がっていました。
やはりここの和風出汁はエグ味やクセが全く無く、いやらしすぎない程度に上品で、非常に奥深い旨みがありますね。「いい味」とはこのことを言うのでしょうか。
具材は厚切りの炙りロースチャーシューに、メンマ、ハーフスライスの完熟玉子、大量の海苔。
途中、つけ汁の縁にあるレモンスライスをつけ汁に絞って入れてみましたが、確かにレモンの味が前に出て変わった味ではあるものの、和風出汁にはやっぱり合わない感じなので、レモンは別に無くてもいいかなと思いました。
それからスープ割りも可能で、スープ割りを頼むと新たにスープを小鍋で温めて小さな器を提供してくれます。
そうです。タレで割る前のベーススープを飲むことが出来るのですが、たまたまかもしれませんが蓮華が提供されないので、器のスープを3分の2くらいつけ汁の器に注ぎ、つけ汁を一旦全部飲んでから水で濯ぎ、再びそのつけ汁の器にベーススープを注いで飲んでみました。
するとやはり和風出汁、特に鰹節の風味が上品かつしっかりと出ており、そのまま飲んでもとても美味しいスープでした。
スープがとても上品でいい味なんですが、やはり麺が弱い感じがしました。つけ麺だから余計にそう感じるのかもしれませんし、もちろん好みもあるでしょうが、どちらかと言えばやはり、「らーめん」、それも出汁を出来るだけストレートに味わえる「塩らーめん」がオススメだな・・と思いました。
そうそう、今「夏の特別限定メニュー」として、岩海苔を使った「岩のりらーめん」が発売開始されていますので、そちらもいいかもしれませんね。

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. ぜんたろう より:

    私は塩の極細ストレート麺より多少太い醤油や味噌の縮れ麺の方が好みです…。
    つけ麺の麺は自分は違いに気づきませんでしたが、さらに微妙に太いようです。
    次は夏期限定岩のりらーめんに行ってみます。

  2. かなり高橋 より:

    >ぜんたろうさん
    へぇ、そうだったんですか。面白いですね。
    三島からだと駐車場の問題もあり、若干敷居が高いお店ではありますが、これからも注目したいお店ですね。

  3. ぜんたろう より:

    久し振りに行き、まずは開いててよかったと胸をなでおろす。塩ラーメンを注文。スープはやはり旨いですね。細麺はストレート麺ではなく縮れにしたほうがスープとのからみがもっと良くならないかなあと思うのですが、まあ好みでしょうか。
    不定休とお店の駐車場がないというのがちょっと行きにくい点ですね。

  4. かなり高橋 より:

    なるほど、縮れを入れるとさらにスープ乗りが良さそうですね。
    久しぶりに突撃したくなりました!

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」