丸玄らぁめん (まるげんらぁめん)

丸玄らぁめん−らぁめん
らぁめん 500円
醤油系
自宅庭先で営む、ご町内ラーメン店
コッテリ:◎○○○○(クラシカルな味わいの中華スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(水分量の多いストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。チャーシュー、乾燥桜えび、ナルトほか)
おすすめ:アッサリ 安い ぶらり 軽呑み 禁煙
住所:静岡市葵区古庄2丁目6−12
TEL:054−265−0488
営業時間:不明
休日:月曜
駐車場:なし
座席:カウンター7
URL:なし
最寄り駅:県総合運動場駅


浜松ラーメン遠征から戻り、夜一軒目に突撃したのがこちらのお店。
丸玄らぁめん」さんです。
「まるげん」と発するお店は特に中部で何軒かあり、私がよく見かけるのは同じ静岡市清水区の国道一号線沿いにある、「丸玄ラーメン」さん。
このお店の情報を教えてくれたのが、今日同行してもらった静岡人さんで、「静岡の丸玄っていうラーメン店知ってますか?」とメールを貰い、てっきり前述した国道一号沿いのお店の事かと思ったら、違うとのこと。
静岡人さん自身も県外のラーメンマニアの方に教えて貰ったお店らしく、ネットで調べてみてもあまり情報が無いことからか、マニア心を凄くくすぐられている様子。
というわけで、早速お店に向かってみました。
お店はコジマとヤマダという二大家電店が立ち並ぶ家電交差点をちょっと入った、閑静な住宅地の中にありました。
といっても戸建てのお店ではなく、自宅の庭先にちょこんとあるお店なので、こんなところもマニア心をくすぐるのかも。
駐車場はありませんが、お店というか家の隣に停めてもいいそうです。
店内は厨房を7席ほどのカウンターが囲むこぢんまりとしたもの。
既に近隣の方と思しき年配のお客さんが、揚げ物を肴にお酒を楽しんでいらっしゃいました。
雑然とした雰囲気ですが、自宅の延長でやっている、町の小さなラーメン店といった感じでしょうか。
年配のご婦人がお一人で切り盛りしていました。
メニューを見るとかなり豊富で、ラーメンは醤油に味噌・塩・タンメンなど約20種類ほど。
餃子やチャーハンもありました。
初めてだったので基本である「らぁめん」をオーダー。
動物油が浮く澄んだスープは、豚の風味と醤油ダレの旨味が前に出た、甘みの強いクラシカルな味わいの中華スープ。
麺は水分量がやや多い印象でパツパツとした独特な食感が心地いいストレート細麺
具材は柔らかな歯応えのチャーシューに水煮のメンマ、白ネギに乾燥桜えび、ナルトに海苔。
味も雰囲気も細々と地域の方々に振舞うために営業している感じでしたが、その向こうにはラーメンのことを良く知っている感がなんとなく伝わってくるこちらのお店。
果たして真相はいかに・・

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 5件

  1. 高原頭 より:

    元は、頑固な名物オヤジが城北付近で店を構えていたんですよね。
    今はオヤジさんが亡くなられて、奥さんが「優しい」ラーメンを、かの地で作っているのでしょう(^_^)
    私も伺いたくなりました。

  2. かなり高橋 より:

    >高原頭さん
    初めまして。コメントを頂きまして、ありがとうございます。
    なるほど、やはりルーツがあったんですね。素朴なラーメンでしたが、なんとなく味に「わかってる感」が感じられたので、どうなのかなぁと思いましたが、そうだったんですか。
    貴重な情報、ありがとうございます。

  3. エンツォ より:

    こちらのお店が古庄に移転してきてからの常連でした。
    「にんにくらーめん」がお薦めです。
    頑固オヤジと優しい奥さんのコンビが絶妙で、ラーメン自体も味のよくわかる方々は絶賛されていました。
    久しぶりに猛烈に食したくなってきましたが、私の住まいからは片道12000km以上あるので諦めます。
    悔しい!!

  4. かなり高橋 より:

    初めまして。コメント頂きましてありがとうございます。
    なんと!そんなに凄いお店だったとは、驚きました。
    余談ですが、12000kmも離れた遠く異国の地からの書き込みは初めてかもしれません。こちらにも驚きです!

  5. 匿名 より:

    以前(25年以上前)は城北公園の静岡市立図書館北側の麻機街道向かいにありました。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」