二毛作食堂 (にもうさくしょくどう)

二毛作食堂−ラーメン
ラーメン 500円
醤油系
本格的お寿司屋さんで食べる、シンプルなラーメン!
コッテリ:◎○○○○(魚介風味が前に出たシンプルな中華スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(柔らか茹で加減のストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。巻きバラチャーシュー、メンマほか)
おすすめ:アッサリ 安い 軽呑み ファミリー 接待
住所:三島市新谷166−5
TEL:055−983−3888
営業時間:11:00〜14:00
     17:00〜20:30
休日:火曜
駐車場:10
座席:カウンター7 テーブルあり 座敷あり
URL:http://www.suminobo.jp/index.html
最寄り駅:なし


国道136号線が混雑していたり、六本木交差点のある道路も混雑していそうなとき、脇道にそれることが多いのですが、その脇道沿いにある気になるお店がこちらの「二毛作食堂」さん。
前は鰻屋さんだったと思いますが、系列店が新たに表に建ち、裏手のこちらは別のお店になったようで、お寿司屋さんと定食屋さんが合体した、まさに二毛作のお店に。
そんな「二毛作食堂」さんなんですが、通り沿いにラーメン好きとしては見逃せない「昔ながらの正油らぁめん」というキーワードが店先に大きく掲げられており、この前の道を通る度に気になっていたんですよね。
そんなことをふと思い出して突撃してみました。
お店に向かったのが20時近くで、表通りから外れたお店なので、ひょっとしたらやってないかも・・・とやや不安になりながらも車を走らせてみます。
お店につくと、建物全体が照明に照らされており、まだやっている様子。
駐車場には営業時間の案内があり、閉店時間の20時ちょっと前でどうやらギリギリセーフ。
急いで店内に向かいます。
お店は2階に上がったところにありました。
店内に入って気づいたのですが、冒頭書いた通りこちらはお寿司屋さんと定食屋さんが合体したお店で、ゆえに「二毛作食堂」という名前になったのでしょうか。
ちょっと格が高い雰囲気のお店ですが、なんとお酒は持ち込みが自由のよう。
履物を脱いでカウンターに通されましたが、目の前に並べられた鮮魚の数々に、これを肴に呑んだら旨いだろうなぁとヨダレが・・・
でもここって20時と閉店時間が早いんですよね。
高いものを頼まなくちゃいけない雰囲気で、しかも閉店間際に駆け込みで入ったにも関わらず、容赦なく前から気になっていた一番安いメニューの「ラーメン」を注文。
こんなお客にも関わらず、熱いお茶やおしぼりを持ってきてくれるなんて、申し訳ない感じ・・
程なくしてラーメンが到着しました。
スープは魚介の荒々しい風味が前に出た、シンプルな中華スープ
既製感がしないでもないですが、まぁそれはそれ。
麺は柔らかめに茹で上げられた、ストレート細麺
具材は甘めに煮付けられたメンマ、巻いたバラチャーシュー、ナルトに青ネギ。
ラーメンを啜っている最中も、目はカウンターに並べられた寿司種に釘付け。
出来ればそれを肴に飲んでみたいなぁと思わせるお店でした。

二毛作食堂
お寿司も美味しそうな「二毛作食堂」さん

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. まこ より:

    私もつい最近突撃。
    でも、天丼を食べちゃいました。500円だし!
    このお店はチャーハンセットもあるし、さっぱりが好きな人はいいかもですね。

  2. かなり高橋 より:

    >まこさん
    あ、天丼500円なんですか、安いですね!
    量はどうなんでしょ?安くガッツリ食べる向き?

  3. まこ より:

    こんにちは
    内容は海老2きす・茄子・かぼちゃ・ししとうが各1ですよ。あと味噌汁漬物付きます。
    ご飯量は少なめですが、500円なら納得です!
    それと、鯵天丼もうまいですよ!たぶん580円?

  4. かなり高橋 より:

    >まこさん
    わざわざ教えていただいてありがとうございます。
    いやぁ、いまどきその内容で500円は安いですね。
    ぶっちゃけ、ラーメンよりも断然丼物が良さそうですね。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」