麺処 田ぶし 富士店

田ぶし−香味鶏だし中華そば
香味鶏だし中華そば 780円 (1日30食限定)
醤油系
ショウガのフレッシュ感と鶏出汁の深い甘みが清涼なスープ
コッテリ:◎◎○○○(鶏油を浮かせた奥深い鶏出汁スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(しなやかなコシが上品な自家製ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。軟骨入り鶏つくねに焼いたメンマほか)
おすすめ:必食 オイリー 華やか 上品 自家製麺 人気店 通し営業 深夜 禁煙
住所:富士市青葉町575
TEL:0545−32−7500
営業時間:11:00〜23:00
休日:無休
駐車場:あり
座席:カウンター10 テーブル4x4 座敷6x2
URL:http://www.tabushi-mishima.jp/
最寄り駅:なし


東京は高円寺発の超人気店、「麺処 田ぶし」さんの富士店に突撃してきました。
狙いはこの春から売り出された限定メニューである、「香味鶏だし中華そば」。
沼津のイシバシプラザ店を除き、この春の田ぶしさんはどちらのお店でも独創的な限定メニューが展開されており、つい先日も三島店でベジポタ系ラーメンである、「濃厚ベジタブル塩豚骨麺」を食べたばかり。
季節ごとにとはいえ、次々と完成度の高い新しいメニューを繰り出してくるので、目が離せないお店の一つです。
限定数があるメニューなので、開店直後を狙っての突撃。
今日は同行者がおり、待ち合わせで30分ほど遅れていきましたが、お店の駐車場は既に満車。店内もほぼ満席で人気の高さを伺わせます。
なんとか駐車場が空くのを待って入店し、券売機の前に立つと、目当てのメニューがありました。
流石にまだ開店30分なので、売り切れることは無いだろうとは思いますが、それでも若干不安が無かった訳ではありませんが、「売り切れ」ランプが付いていないことに気づくと、ホッとする思いがありました。
ガラス張りの開放感ある店内は、外の光が取り入れられ、生き生きとした感じがあります。
スタッフのハキハキと明るい接客も好印象で、こうした雰囲気は個人店には無い良さがありますよね。
なーんて感心しているうちにラーメンが到着。
ふんわり甘い香りが立ち上るスープは、非常に奥深い甘みを持った、鶏の味わいが鮮烈な印象の醤油スープ。
これが何の甘みなのかはちょっと判らなかったんですが(和風出汁?)、鶏の旨味とともにこの分厚くて奥深い甘みがなんとも美しい味わいでたまりません。
みじん切りのショウガが結構たくさん入っており、これが鶏のスープに非常にマッチしており、一筋の清涼感になっていました。
田ぶしさんというと、東京発のラーメン屋さんらしく、非常に味の強い、インパクトあるスープが特徴だと思いますが、このスープはそのイメージを覆す、淡麗系にも似た出汁を活かしたスッキリとした仕上がりにちょっと驚きました。
麺は自家製のストレート中細麺
若干水分量が少なく、ザラッとした麺肌を持ち、それでいてとてもしなやかなコシがある、これまた非常に美しい味わいの麺ですね。
具材は軟骨入りで時折コリコリとした歯ごたえを見せる鶏つくね、軽く焼き色をつけて香ばしさを出したメンマ、半熟味付け玉子に水菜、のり、みじん切りのネギとショウガ。
これは美味い一杯でした。私の好みに合っていたというのもあって、この後2軒目もあるのですが、スープも全て飲んでしまいました。
これがもっと淡い感じだと、いわゆる「淡麗系」に属するとは思いますが、出汁感と前味をより前に出した、「ネオ淡麗系」とも言えそうなこの一杯。
その判りやすさから、むしろ昔ながらのラーメンがお好きな方にお試し頂きたい一杯です。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. ハーモニー より:

    これは行かなくてはいけません。
    土曜日にでも行きます。

  2. かなり高橋 より:

    >ハーモニーさん
    大衆を相手にしたお店とは思えない、いいお味でした。
    富士だけというのが羨ましいです。

  3. yasu より:

    本日昼間に食べて来ました!あっさりした中にも鶏の旨味が凝縮された1杯でした。行動開始〜完食〜帰宅まで1時間 早っ!

  4. かなり高橋 より:

    >yasuさん
    あぁ私ももう一度食べてみたいです。
    それにしても1時間で遂行完了とは、確かに、早い!!

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」