ラーメン 猪のしし (いのしし)

猪のしし−とんこつラーメン
とんこつラーメン 600円
豚骨系
唯一無二の超なめらかコッテリなスープは、豚骨界の黒船ぜよ!
コッテリ:◎◎◎◎○(クセの無いマイルドで濃厚な豚骨スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(やや水分量の多い縮れ中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。バラチャーシュー、万能ネギ、紅ショウガほか)
おすすめ:コッテリ 濃い味 チャーシュー 人気店 老舗 安い ファミリー 友人同僚 禁煙
住所:駿東郡清水町堂庭56−14
TEL:055−975−2255
営業時間:11:30〜14:00
     17:30〜22:00
休日:月曜・第3火曜
駐車場:12台
座席:カウンター10 テーブル14
URL:なし
最寄り駅:なし


何故か最近、豚骨めいているかなり高橋です。
つい先日も昔から食べ慣れている豚骨が食べたくて、沼津港の松福さんに突撃して「とんこつラーメン」を食べてきましたが、もう一つそんな(個人的に)昔ながらの豚骨ラーメンとして、清水町の「猪のしし」さんがあります。
お店が長屋テナントだった頃は今ほどトローンとしていなかったかと思いますが、今ではむしろそのトローンがどうやらウリのよう。
昨日に引き続いてこの日も小雨が降る寒い夜でしたけど、そんなのまるでなかったかのような盛況ぶりで、店内は満席。
私が入った直後には店内に行列が出来ていました。
ここはお客さんの回転がそれほど悪くないにも関わらず行列が出来るって事は、それだけお客さんがひっきりなしに来るっていう証明でしょうね。
スタッフも店主と奥さん、パートさん二人の計4名がフルに動き回っていますから、本当に大繁盛のお店なんですよね。
入り口近くのカウンターに通され、いつもならスタミナラーメンを頼むところですが、豚骨めいている今日はあえて「とんこつラーメン」を注文してみました。
このお店はもう10年以上は軽く経っていると思いますが、ご主人がちっとも老けた感じが無く、若いんですよね。
いつ来てもずっと同じままというか。なんかそれが妙に落ち着くんですよね。
中華料理出身だというご主人は、いっつも北京鍋を一所懸命振って、ラーメンにのせる具材はもちろん、チャーハンもその都度作っています。
いや、若いって書いたのは、同じような見た目のご主人が営む他のラーメン店だと、鍋を振らないラーメン店が全てなので、こういうお店ってホント貴重だよなぁ・・っていつも感心するんですよね。
もちろん、中華料理店のチャーハンだって旨いですけど、中華料理店よりも遙かに旨いラーメンを出すラーメン店で食べるチャーハンも、これまた旨いじゃないですか。
そういうお店が少ないがゆえに、こういうお店って貴重だよなぁって思うんですよね。
あぁ、また余談が過ぎました。。さっさとラーメンの解説に移ります。(^_^;
屋号入りの真っ白いどんぶりには、クリーム色したスープが鎮座。
表面には薄く油が浮き、ほんのりゴマの香りが漂います。
スープ自体は昔から変わらない、非常に滑らかでコラーゲンたっぷりのコッテリとした豚骨スープ
派手さはありませんが、これぞ元祖濃厚!といった風格を醸し出したスープは、臭みが全く無いのは素材の新鮮さはもちろん、そもそもこれが出来た時代を反映したものでしょうか。
塩味ベースですけど、味が濃すぎないのもいいんですよね。スープそのものの味わいを大切にしているというか。
やーっぱ猪のししの豚骨スープは旨いなぁ・・
麺は中細の縮れ麺
やや水分量が多く、チュルリと口の中で踊るような食感があります。
これがまたラーメンを食べているっていう感じが凄くしていいんですよね。
具材は箸でホロっと崩れてしまうほど軟らかなバラチャーシュー、万能ネギに紅ショウガ、白ゴマ。
白ゴマは煎ってあるようで、見た目以上にゴマの香りが強く、また紅ショウガも何故か喉の奥でビリビリとした辛味が結構強く、どちらもその「強さ」が気になりました。
とか言いながらも、最後にはしっかりとスープを飲み干してしまったので、やっぱり美味しかったんでしょうね。
値段もお味の割りに今時にしてはお得感があるので、これからもちょくちょく顔を出したいお店です。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. 野良 より:

    本日午後から清水町地域交流センターで仕事があり、待ち時間が1時間以上空いてしまったので、新店舗になってから初めて訪問する(って何年来てないんだろ?:苦笑)、猪のししさんへ突撃してきました。日曜日とあって開店早々から大混雑!昔からファンのお客さんもいらっしゃるのでしょう、店内を見渡すと老若男女、客層がとても広いですね。
     口頭で【とんこつラーメン+煮卵】を注文。その昔、確かにオイリーだったけど、とんこつラーメンはなかったような?と全く当てにならない私の記憶を辿っていると、ラーメン到着。
     おお〜紅しょうがの赤も鮮やかな、定石通りのとんこつラーメン!表面に薄く皮膜している香味油はゴマ油と、何が加味されているのでしょう、とても香ばしくて風味豊かな香味油ですね。リフトアップした麺も縮れ麺で、トロンとした濃厚な豚骨スープをよくすくいあげてくれます。
     「う、うまいっ!」港湾の有名店とは一線を画す猪のししさんのとんこつラーメン。(昔からの)店の特色を活かしながら、現代ニーズにも見事にマッチさせた老舗ラーメン店の底力を垣間みた一杯でした。

  2. かなり高橋 より:

    >野良さん
    詳細なレポートありがとうございます。
    なるほど、あの油はごま油でしたか。確かに香ばしいですよね。
    そういえば、ここって値段が凄く安いですよね。そんなお得感も人気の秘密だったりするんでしょうね。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」