餃子の濱よし (ぎょうざのはまよし)

濱よし−中華そば
懐かしの中華そば 650円
醤油系
味も雰囲気も懐かしさ漂う、熱海の隠れ家的な餃子屋さん
コッテリ:◎◎◎○○(ワイルドな煮干しの旨味広がる甘口中華スープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(手打ち風、縮れ中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。バラチャーシュー、ワカメほか)
おすすめ:アッサリ,ワイルド,濃い味,老舗,軽呑み,ファミリー,禁煙
住所:熱海市銀座町5−9
TEL:0557−81−0048
営業時間:11:00〜21:00
休日:金曜
駐車場:なし
座席:テーブル26
URL:http://www.8044.in/
最寄り駅:なし


熱海2軒目は、ネットのホームページを見て突撃し、以来気に入って何度か訪れているこちらのお店。「餃子の濱よし」さんです。
創業80年で現在の店主は3代目だそうで、今はメニューを絞り、自慢の餃子とラーメンのみで営業されているそう。
昭和ノスタルジックな店内にはセンスの良いジャズが流れ、とても落ち着いた雰囲気。
そのゆったりとした空気感は、品の良い喫茶店に入ったかのようです。
注文するメニューは相も変わらず、「懐かしの中華そば」を。
それから、餃子のお土産も頼んでみました。
待っている間に店内を見渡すと、流石熱海だけあって、有名人のサインや、こちらでは見たことない雑誌の取材記事などが貼られていたり、先代・先々代が営業していた時代の熱海の写真が貼られていたりと、それらを眺めているだけで待っている間も退屈さを感じません。
それにしても落ち着くお店だよなぁ・・・などと、のんびりしているうちにラーメンが配膳されました。
やや雑然と盛りつけられた一杯。あれ?こんなんだったけな・・と一瞬たじろぐものの、私の記憶違いだろうと気を取り直し、まずはスープを一口飲んでみます。
魚介出汁をワイルドに炊き出した感じのスープは、柔らかい甘味が非常に強く、その合間に荒々しい煮干しを初めとした魚介の風味が駆け抜けていく、懐かしい感じの中華スープ。僅かにトロミもありますが、これは脇を固める豚や鶏由来のものでしょうか。
ちょっと苦味やクセが強いのが気になり、前食べたときもこんな感じだったのかなぁと記憶を辿るものの、忘れてしまった私。
麺は手打ち風の縮れ中太麺
やや固めに茹で上げられており、モチモチとした食感が印象的。
具材はバラチャーシューにメンマ、ワカメ、青ネギ。
ちなみに餃子は変わらずジューシーというか、肉汁が飛び出すタイプの餃子で、とても美味しかったです。
雰囲気が好きなので、また思い出した頃に行ってみたいと思いました。

濱よし
昭和ノスタルジックな雰囲気の「餃子の濱よし」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」