石川屋 (いしかわや)

石川屋−ラーメン
ラーメン 700円
醤油系
魚介の旨味がジュワっと広がる濃い口中華スープが旨い!
コッテリ:◎◎○○○(魚介の旨味に鶏ガラ豚骨をブレンドした中華スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(やや水分量の少ないストレート極細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。バラチャーシュー、メンマ、ナルトほか)
おすすめ:コッサリ,スッキリ,ジンワリ,オイリー,濃い味,チャーシュー,人気店,老舗,深夜
住所:熱海市銀座町9−3
TEL:0557−81−3075
営業時間:12:00〜15:30
     17:00〜24:30
休日:木曜
駐車場:なし
座席:カウンター12 テーブル12
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 熱海駅


水曜日の今日は、定時退社促進日。
熱海に新しいラーメン店が出来たという情報を頂いていたので、早速熱海に向けて車を走らせます。
私の住む三島から見て、熱海は近いようで意外と遠く、感覚的には富士に向かうのと同じくらいでしょうか。
車の流れがゆっくりなので、1時間以上は掛かるかも・・・と思いつつ、のんびりと熱海に向かいました。
現地に着き、iPhoneのマップアプリを見ながらお店に向かうと、営業時間が変わったようで今から2時間近くも待たなくてはならなそう。
流石にここでそれだけの時間を使うわけにはいかないので、急遽別のお店を探すことに。
で、向かったのがこちらのお店。熱海で有名なラーメン店の一つ「石川屋」さんです。
平日の夜だけあってか、観光地熱海の町にはあまり人気はないのですが、このお店だけは別格のようで、どこからともなくお客さんがひっきりなしに入ってきます。
カウンター端に座って注文したのは、一番シンプルな「ラーメン」。
動物油浮く透明感あるスープは、鶏や豚の食欲そそる香りの中に、一寸節系の香りが立ちのぼってきます。
味わいもそんな香りに同じく、動物系らしい豚と鶏の力強い旨味に、節系や昆布、それに貝類を使って重厚な風味を醸し出しています。
以前お話を伺ったときに、確かシジミの出汁を使っていると聞いた覚えがあり、確かにこのスープにもそれが使われているようで、貝類独特のジンワリとした旨味が広がります。
そしてこれらをワイルドに纏めるのが、甘い香りを放つ醤油ダレ。やや旨味が強い感じがしますが、かえってそれがクセになりそうな感じです。
かなりふんだんに食材を使って出汁を引いているようで、なんとなく前よりもずいぶん出汁感が強くなって美味しくなったなぁと感じましたが、記憶違い?
麺は極細のストレート麺
これは以前と変わらないところですが、これこそが石川屋さんのもう一つの特徴でしょうか。
シャッキリと茹で上げられた麺は、パツパツとしたやや固めの歯ごたえを持ち、やや水分量が少ないのも手伝って、濃い口のスープを割と引き上げてきます。
水分量が若干少いため元々伸びにくい麺ではありますが、流石のこの細さだと熱の通りがいいので、早めに食べないと後半はダレてきちゃいます。
具材はワイルドに厚くカットされたバラチャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、長ネギ。
見た目はやや無骨ですが、味の染みこんだチャーシューが柔らかくてなかなか旨いですね。プレミアムポークを用いたメニューもあったので、実はチャーシューにも力が入っているのかも。
濃い口のスープにはやっぱり長ネギ。ネギの風味が旨味の強いスープによくマッチしています。
以前の突撃が大分前なのでうる覚えですが、前は確か醤油の旨味が強くて出汁が淡い、そんなスープだったと記憶しています。
しかし今日食べたこのラーメンは、タレの風味は変わらないものの、出汁がとても良く出ていて、(あれこんなに強い味だったかな・・)とビックリしました。
この味ならこれだけのお客さんが入るのも、納得ですね。

石川屋
熱海の人気店の一つ「石川屋」さん

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」