麺行使 伊駄天 藤枝本店 (めんこうし いだてん)

伊駄天−銀狼そば
銀狼そば 800円 (日曜昼夜、月曜昼限定)
鶏白湯系
ミルキーでマイルドな濃厚鶏白湯スープが華麗に美味!
コッテリ:◎◎◎○○(うっすらクリスピーさを加えた濃厚鶏白湯スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(絹のように滑らかな舌触りのストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。炙りチャーシューに薫製チャーシューほか)
おすすめ:必食 コッテリ 濃い味 華やか 上品 無化調 チャーシュー 限定 禁煙
住所:藤枝市青木3−7−3
TEL:054−644−1088
営業時間:11:00〜14:30
     17:30〜20:30(金土日祝)
休日:無休
駐車場:あり
座席:カウンター6 テーブル4x3
URL:http://www.idaten-ramen.net/
最寄り駅:JR東海 東海道本線 藤枝駅


実は私、鶏白湯スープを使ったラーメンってそんなに食べたことが無く、食べたのは殆どが静岡県下のラーメン店ばかりなんです。
で、つい先日、多くの「伊駄天」ファンの方から、「伊駄天の鶏白湯食べなくちゃ、静岡のラーメンキングと名乗っちゃダメだよ〜」みたいな事を言われ、ずーっと気になっていたんです。
で、浜松から帰る途中の今日、その「伊駄天」の「鶏白湯」を食べに、藤枝本店まで突撃してみました。
開店前に到着した私たち。
今日は一番乗りでありつくことができそうです。
開店よりほんのちょっと早く店主がのれんを掲げ、ワクワクしながら券売機の前に立ちます。
豊富なメニューを前にして迷っていたら、同行者が「これだよ、これ」と教えてくれたボタンには、「鶏白湯 銀狼そば 800円」とありました。
ちょうど小銭で800円を持っていたので、100円玉を鮮やかに連続して投入し、その食券を購入。案内されたカウンターに座り、スタッフに手渡します。
店内にはいつものように、聞き覚えのある美メロ系JPOPが流れ、炭の焼ける匂いや節系の匂いが立ちこめ、いやがおうにも食欲中枢を刺激します。
私たちの後からも続々とお客さんが入り、気がつけば満席に。
厨房からは、店主の気合いが伝わってきます。
で、ラーメン。
やや茶色を帯びる、完全に乳化したスープは、非常に濃厚でマイルドなトロミを帯びた、醤油ベースの鶏白湯スープ
僅かにデンプン系の根野菜を使っているようで、少しだけクリスピー感もありますが、どちらかと言えば純粋に肉付きの鶏ガラを長時間炊いた印象のミルキーなスープです。
メリハリある繊細で華麗な味わいは、豚骨スープのような白湯系が苦手な方でも、臭みがないのも手伝って非常に飲みやすいことでしょう。
個人的にはザラ感のあるほうが好きですが、正直これも旨い!
麺は角型断面のストレート細麺
例によって三河屋製麺所謹製の麺だと思いますが、ここ特有の、小麦の粒が他に比べて一回り細かいような印象の、絹のような非常に滑らかな舌触りと、プリっとした食感は繊細でモダンな印象を受けます。
これだけツルツルとしていながらも、スープ乗りが抜群にいいのは、もちろんこの麺に合わせたものではあるでしょうが、バランスが非常にいいなと思いました。
具材炙った香ばしく柔らかい食感のチャーシューに、燻香が食欲をそそるもう一つのチャーシュー、シャクシャクと小気味いい食感の穂先メンマ、水菜にネギ、海苔、味付半熟煮玉子。
どの具材も厳選され非常に手の込んだ美しい味わいで、麺やスープとの一体感に優れていました。
気づけばなんやかんやでスープまで全飲してしまったのは、やはりトータルでのバランスの高さゆえでしょうか。
もちろん、好みもあるので万人にオススメ!とは言いませんが、伊駄天の華麗で上品な味が好きな方には、一押しの一杯です。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. 「これだよ、これ」と言った人 より:

    喜んでいただき、よかったです。
     個人的には、最近の伊駄天では一番の傑作ではないかとも思います。
     敷居は高いですが、色んな人に食べてほしいと思います。

  2. かなり高橋 より:

    >静岡人さん
    そうですね、いつでも食べられるものではありませんが、好き好きはあれど、試して頂きたい一杯ですよね。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」