麺屋 高志 (めんや たかし)

高志−中華そば
中華そば 600円
醤油系
スープの奥深い甘味が後を引く、シンプルな醤油ラーメン
コッテリ:◎◎◎○○(背脂浮き、深い甘味を放つ醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(やや固茹での縮れ中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。ロースチャーシュー、メンマほか)
おすすめ:コッサリ ジンワリ 濃い味 華やか 安い ぶらり 通し営業 駅近 禁煙
住所:沼津市大手町5−9−1
TEL:055−962−6822
営業時間:11:30〜20:00
休日:無休
駐車場:なし
座席:カウンター7
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 沼津駅


2010年2月上旬オープンの新店。
テレビや雑誌よりも遙かに早く新しいラーメン店の情報を得るのに、最近ではもっぱらインターネットを活用して情報収集にいそしむかなり高橋ですが、今日突撃したお店もそんな一つ。
今は便利な世の中で、インターネットの求人情報サイトである「タウンワークネット」にキーワードとして「ラーメン」という情報と共に、メールアドレスを登録しておくと、毎週月曜日の朝にはその「ラーメン」というキーワードに引っかかった求人情報がメールで送られてきます。
こちらのお店もその求人情報から得たんですが、昨年11月頃に募集が掛けられおり、翌月を予定してオープンの日を、今か今かと待ち望んでいました。
そんなある日、複数の方からほぼ同じ時期にメールやtwitter等で、こちらのお店がオープンしたとの情報を頂き、早速突撃してきました。
場所は沼津駅南口から歩いて数分ほどの、仲見世商店街入り口にありました。
外から中の様子が見えるほど小さな店内は、厨房を7席のカウンターがL字に囲んでおり、お水はセルフ、注文は口頭でスタッフに告げる方式。
店内は奥行きが無いせいもあってか、オープンカフェのように解放されているので、今日のように冷たい風が吹く夜は、ちょっと寒い感じ。
外の看板にも書かれているとおり、メニューは醤油ラーメン一本の硬派なラインナップ。
とりあえず初めてだったので、基本となる「中華そば」をオーダーしてみました。
麺を茹でる時間がとても短いようで、カメラを取り出したその直後にラーメンが到着しました。
背脂や動物油が浮いたスープは、見た目ほどにはオイリーさを感じない、深い甘味が印象的な醤油スープ。
豚や鶏といった動物系のスープに、強い甘味を含んだ醤油ダレを合わせ、アッサリとしながらもコクと甘味の深さがなんとも食欲をそそります。
麺は縮れた中細麺
やや固めに茹で上げられ、シャキシャキとした啜り心地と、モチっとしたコシの強さがありました。
具材は大振りのロースチャーシューに甘く煮付けられたメンマ、干し桜エビにカイワレ大根、刻んだ白ネギに海苔。
干した桜エビがなかなか香ばしくて、甘味の強いスープにもいい感じでマッチしていました。
大振りのロースチャーシューも、味付け穏やかに肉の旨味もほのかに感じられ、なかなか美味な一品。
スープの「深い甘味」や、それに合わせた具材の甘い味付けといった、「甘味の調和」が楽しめるこの「中華そば」は、新店ではありますが、長年ラーメンを作り続けたベテランの一杯に仕上がっていました。
夜の閉店が早いお店ではありますが、沼津駅に立ち寄った際に一度試してみてはいかがでしょうか。

高志
甘〜いスープを堪能あれ!

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. わい社長 より:

    仕事の都合でこちらのお店に初見参。メニューを見たら「ガッつり」と銘打って二郎系が有るので食べてみました。蕎麦の様な色の平打ち中太麺で、背油もどきも掛っていました。スープは美味しいんですが・・・・。店主に「二郎を意識したの?」って聞いたら「はい!意識してます。」って元気なお返事。暑い夏なので冷やしでもやらないとお客さん来ないですね〜って言ってました。

  2. かなり高橋 より:

    >わい社長さん
    へぇ、ラーメン一本で勝負されるのかと思いきや、関連店のメニューもやられているんですね。ちょっと意外でした。
    今年の夏は冷やしが来てますね。私も夜でも冷やしが食べたくなっちゃいます。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」