中華料理 玄武 (ちゅうかりょうり げんぶ)

genbu-kakira-men 2010-01-30 14-10-36
かきラーメン 880円 (冬季限定)
醤油系
超大粒の牡蠣がプリプリジューシーでうんまい!
コッテリ:◎○○○○(サッパリとしたシンプルな中華スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(エッジの立ったストレート極細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。牡蠣に舞茸・赤ピーマンほか)
おすすめ:アッサリ 濃い味 上品 ピリ辛 中華 限定 ぶらり ファミリー 禁煙
住所:静岡市葵区羽鳥5丁目7−7
TEL:054−278−8776
営業時間:11:00〜14:30
     17:00〜21:00
休日:月曜
駐車場:5
座席:カウンター6 テーブル2x1,4x2 座敷あり
禁煙:全席禁煙
URL:なし
最寄り駅:なし


浜松市図書館の資料館で見つけた古いグルメ本を頼りに突撃した「中華料理 来勝軒」さんを後に、同じく牡蠣ラーメンが食べられるという「中華料理 玄武」さんに突撃してみました。
同じ静岡市でも合併後の静岡市は結構広く、「中華料理 玄武」さんに向かう道中は昼の部に間に合うかどうか、ヒヤヒヤしながら向かいましたが、何とかギリギリ間に合うことが出来ました。
幹線道路沿いにある「中華料理 玄武」さんは向かい側に駐車場があるため、迷うことなくサクっと車を停めていそいそとお店に突撃しました。
入り口前にはメニューの書かれたポップが何枚か張られており、「つけ麺はじめました」「かきラーメン」と書かれ、麺メニューにも力が入っている様子。
そんなポップに期待を膨らませながら店内に入ります。
店内は白壁にウッディなテーブルやイスが並べられ、どこの国の音楽かは判りませんが、ちょっと不思議なBGMがかかっていました。
さすがに昼の部終了間際だったため、ちょうどガテン系のお客さんが出ていったところで空いており、先ほどのお店と同じくお冷やを持ってきてくれたついでに「かきラーメン」を注文しました。
見た目はさっき「中華料理 来勝軒」さんで食べたものと同じく、薄皮の軽く揚げた感じの牡蠣に赤ピーマン、極細の麺まで同じ感じ。
「これ系のラーメンって中華料理店だとどこも同じなのかな・・・」と思いつつスープから飲んでみると、表面にはほとんど油が浮いていないためか、中華料理店ではごくごく一般的なアッサリとしたシンプルな中華スープ
味わい自体も穏やかで、麺メニュー以外にも使い勝手の良さそうなとてもシンプルな感じでした。
麺はストレート極細麺
先ほどの「中華料理 来勝軒」さんに同じく、若干水分量が少ない、ややザラっとした麺肌を持ち、麺そのものの、小麦の味わいが感じられます。
具材は非常に大きな牡蠣が4つに、軽く炒めた赤ピーマン・舞茸・ネギの皮。
牡蠣はさっき食べた牡蠣ラーメンよりも一回り大きく、臭みも全くなく、ジューシーさにも長けていました。
この牡蠣を食べたいが為、冬場にこちらのお店を目指すのもいいかもしれません。
しかし随分似た「牡蠣ラーメン」だなぁと思い、顔をふと見上げると、某ラーメン本の切り抜き記事を見つけました。
その記事にはなんと「修行先 来勝軒」と書かれており、「なるほど〜、どうりで・・・」と納得しながら食べ終えました。
冬季限定が具体的に何月までかはわかりませんが、ラーメンと牡蠣に目がない方は、「中華料理 玄武」さんまで足を伸ばしてみてはいかが?

genbu 2010-01-30 14-25-49
ウッディで清潔感ある店内で舌鼓〜

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. 酒遊 より:

    ここは美味しいですね!義理の姉の嫁ぎ先に近く、何度も食麺しました。私は季節限定に弱いので、近々行こうと思っています。

  2. かなり高橋 より:

    >酒遊さん
    そうだったんですね。やっぱりここって有名なんですね。
    アツアツですので気をつけてくださいね!

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」