支那そば屋 わさらび (しなそばや わさらび)

わさらび−鴨柚子つけそば
鴨柚子つけそば(細麺) 1000円 (1月中限定)
つけ麺系
香る柚子と凝縮した旨味に唸りまくる!
コッテリ:◎○○○○(旨味の凝縮した和風つけ汁)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(全粒粉を練り混んだ自家製ストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。ジューシーな鴨肉に焼き白ネギほか)
おすすめ:必食 アッサリ 華やか 上品 自家製麺 無化調 チャーシュー 限定 禁煙
住所:沼津市花園町8−10 第一セダーマンション101
TEL:055−925−3869
営業時間:11:30〜14:30
     17:30〜22:00
休日:月曜、第2・4火曜
駐車場:6台
座席:カウンター9
禁煙:全席禁煙
URL:なし
最寄り駅:JR東海 東海道本線 沼津駅


去年は他のお店を回ることが多く、なかなかこちらのお店に突撃する機会が少ないため、周りの方々からも「わさらび行かなきゃだめじゃん!」と怒られることも多かったので、今年は可能な限り、月2回は突撃するぞ!と年始に誓った、かなり高橋です。
そんなわけで、定時退社日の今日は、今月まだ食べていないもう一つの限定メニュー狙いで、「支那そば屋 わさらび」さんに突撃してみました。
いつも私がこちらのお店に突撃するのは夜の部なんですが、何故かお客さんがいないタイミングが多く、すぐにラーメンにありつけるのが嬉しいんですよね。
今夜は冷たい風が吹きすさぶ寒い夜で、どちらかと言えばスープの多いラーメンを食べたい気分ですが、初心貫徹、
まだちょっと使い慣れない感じの券売機に向かい、右下の「鴨柚子つけそば」と書かれた大きなボタンを押します。
確か、「限定2」と書かれた食券を店主に渡すと、ニヤっと笑われちゃいます。きっと思った通りのメニューを書ったからでしょうね。
「太麺と細麺が選べるけど、どうする?」と聞かれ、しばらく悩んで「細麺でお願いします」と答えます。
「僕も細麺の方が合うと思うんだよね〜」と言いながら、調理が始まりました。
厨房の奥からは何かを焼いている「ジュー」という音が聞こえ、程なくして独特の香りが鼻を刺激します。
そう、この匂いはネギを焼いている匂いでしょう。
前にもこの匂いを嗅いだことがありますが、ネギ好きにはたまらない香りですね。
今回のつけ麺はお皿が3つ。
一番大きなお皿は麺が盛られたもの、小さなお皿には白髪ネギの上にスライスした鴨肉とその脇にはおろし大根。そしてもう一つの器がつけ汁です。
まずは麺からそのまま啜ってみます。
水で締められた麺は、みずみずしくプリプリとした食感。噛むとほのかに小麦の甘みが口の中に広がる、優しい味わい。
水分量の多い麺は、ツルツルと心地よいのど越し。
このまま麺だけ食べても十分美味しい感じです。
そして麺の先をちょっとだけつけ汁に浸して食べてみます。
ほんのちょっと浸しただけですが、その強烈な旨味が麺に絡みつき、口の中で旨味が炸裂します。
醤油ダレの旨味が前に出ながらも、鴨出汁がよく効いたアッサリとした和風の味わい。
強い旨味の向こうには七味でキリッとした後味で纏められ、同時に柚子の清涼な香りが鼻を抜けていきます。
別皿の具材は白髪ネギとその上に盛りつけられた鴨肉、つけ汁には焼いた白ネギが入っています。
この煮込んだ鴨肉もジューシーで程良く味付けがされており、そのまま食べても美味しいのですが、つけ汁に少しの間浸して熱を加えると、スープを吸いつつ柔らかさが増して、これまた非常に美味しいです。
全体的に和風で纏められているのですが、さすが「わさらび」さんは和風系が非常に巧いですね。激ウマの一杯でした。
冒頭の続きで、これも不思議なんですが、ラーメンを食べ始めた頃になるとぞろぞろお客さんが入ってきて、引きとどまることなくサックリと帰ることができる場面が最近多いんです。
今日も食べ終えてから美味しかったな感というか、幸せ感に包まれながら、いい気分でお店を後にしました。
もうまもなく1月も終わり、このメニューが楽しめるのはまた来年になってしまいますが、まだ食べられていないファンの方はお早めにどうぞ。

わさらび
今日はカップルで賑わってました

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. ペリエ より:

    2月より「煮干」が始まりました。
    今日はとりあえず「煮干ラーメン」で他に「つけ麺」もありますよ!^^
    去年に引き続き、喜多方で仕入れたこだわりの「歯」で切った、モチモチのドクトクな中細平打ち麺!
    煮干のスープをよくひっぱり、美味しい〜〜〜
    それに、具材の「コンブ」がこれまたいい仕事してます!^^
    ぜひ、ご賞味を!^^

  2. かなり高橋 より:

    >ペリエさん
    あの麺がまた食べられるんですね!
    これは行かなくては!!

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」