和風ラーメン 英鶴 (えいかく)

英鶴−カニ和風ラーメン味噌
カニ和風ラーメン味噌 850円
味噌系
アッサリとした素朴な味わいの一杯にほっこり心温まる
コッテリ:◎○○○○(体の芯まで温まる柔らかい甘味の味噌スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(プルンとみずみずしい食感のやや縮れた中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。ズワイガニ・きぬさや・各種山菜ほか)
おすすめ:アッサリ 上品 老舗 ぶらり 軽呑み 通し営業 深夜 ファミリー 友人同僚
住所:駿東郡長泉町下土狩378−24
TEL:055−987−2644
営業時間:11:00〜23:00
休日:水曜
駐車場:13
座席:カウンター12 テーブル20 座敷14
禁煙:喫煙可
URL:http://www4.tokai.or.jp/eikaku/
最寄り駅:JR東海 御殿場線 下土狩駅


素朴な味わいのラーメンが食べたくて、ふと思いついたのがこちらのお店。
東部で30年以上に渡り、愛され続ける老舗店「和風ラーメン 英鶴」さんです。
広々とした店内はこの味を愛する年輩のお客さんで賑わっており、
私もカウンターの角に座って仲間に加えてもらいました。
厨房ではベテランの風格漂うご主人と奥様とおぼしき方、その奥様に似た美人の娘さんとおぼしき女性スタッフ3人で切り盛りされています。
この冬は「味噌ラーメン」にハマっていたため、お店に入る前から注文する品は味噌系で行こうと思っていました。
メニューを見ると、このお店のウリである「和風」というキーワードを使った和風ラーメンのバリーションメニューとして、「かに和風ラーメン味噌」というのがあったので、それをオーダー。
調理の様子を見ていると、ご主人が全て調理するというわけではなく、時々奥様や娘さんが割り入って調理をお手伝いする感じで、特に誰が何をやると決まっているわけではなさそうですが、声を掛けずとも間合いを計らずとも絶妙なタイミングで手が入る様子はまったく焦る様子が無く、流石家族だなぁと感心してしまいます。
その見事な合作がこちらの一杯。
まるで味噌汁のような見た目のスープは、優しい甘味が広がるアッサリとした白味噌ベースのスープ。
今日は雨が降って寒い夜でしたが、アツアツのスープは冷えた体をホカホカに暖めてくれます。
やや動物系が前に出ているとはいえ、何かを極端に突出させたようなタイプのスープではないので、それが逆に柔らかな味わいに感じられ、とても心温まる優しい味噌スープに仕上がっています。
麺はやや縮れた中太麺で、水分量が多いため、プルンと口の中で踊るような食感がありました。
少し柔らかめに茹で上げられているため、優しい味わいの甘口スープとも相性が良く、どこかホッとさせる思いで麺を啜っていきました。
具材はボイルして割いたズワイガニに、きぬさや、ワラビ、なめこ、白ネギ。
肉類やメンマなどが入らず、山菜を使うあたりも「和風」たるゆえんでしょうか。
あまりこの手の具材を使うラーメンは珍しく、ましてしっかりとしたラーメンスープで食べられる機会も滅多にないので、これはなかなかに貴重な一杯ですね。
優しい味わいのラーメンも嬉しいんですが、なによりのんびりほんわかとした雰囲気が温かい、英鶴さん。
地元で知らない方はいないかもしれませんが、もし暫く行ってないな・・と思い出された方は、久しぶりにどうですか?

英鶴
巨大な看板が目を惹きます

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」