富士ミルクランド

富士ミルクランド−ポール乳麺
ポール乳麺 650円(一日限定40食)
ミルクラーメン系
奇抜なラーメンと侮るなかれ!素材の持つチカラに驚く一杯!
コッテリ:◎◎◎○○(ミルクスープのコクと甘味に芳醇な旨みを持つ辛味噌玉を溶かし)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(柔らかく茹で上げられた縮れ中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。素揚げナス・トマト・山菜)
おすすめ:コッサリ ぶらり ファミリー 辛い
住所:富士宮市上井出3690
TEL:0544−54−3690
営業時間:不明
休日:木曜
駐車場:あり
座席:テーブルあり
禁煙:全席禁煙
出前:なし
URL:http://www.fujimilkland.com/
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:なし


2009年の4月頃に、富士宮市の1〜2軒ほどの飲食店で始まった新名物の「ミルクラーメン」。
その名の通りスープに牛乳を使ったユニークなラーメンなんですが、
つい先日ネットを徘徊していると、ついに「富士ミルクランド」でも
始まったという情報を見つけ、早速突撃してみました。
ここ「富士ミルクランド」では目の前に大きな富士山を見ることができ、
ランド自体も風光明媚な場所にあることから、とても自然でリラックスすることができます。
私の住む三島市でも富士山はもちろん見えるのですが、流石にこの雪化粧された大きな富士山を見ると、
その美しさに溜息すら覚えます。
ランドには乳牛はもちろん、乗ることが出来る馬、直接触れることが出来る羊など、
ちょっとした動物園もあるため、ファミリーやカップルなどでとても賑わっていました。
美しい景色や楽しげな動物園を散歩するうちに、リラックスして時を忘れてしまいそうになりますが、
気を取り直してお目当ての牛乳を使ったラーメンを食べさせてくれるレストランを探します。
おみやげコーナーのスタッフにたずねると、目当てのラーメンは「イベントホール」という施設にあるそうで、
それはおみやげコーナーの右手奥にありました。
中に入ると薪で暖めるストーブが設置され、長いウッディーなテーブルが並べられており、
入り口から向かって左の方にセルフサービスでの食堂コーナーがありました。
この「イベントホール」で食べられるメニューはほとんど「蕎麦」のみなんですが、
そのなかにありました!目当ての「ポールニュー麺」が!
注文をおばちゃんに口頭で告げようと目を合わせると、「注文?ポールニュー麺?」と、
私が口を開く前に心を見透かされたようです。
と言うよりも、このメニューを目当てに訪れる方が多いのかな・・と感じました。
高速道路のサービスエリアにあるようなセルフサービスのため、
注文から暫く待つと、「ラーメンお待ちどうさまでした〜」と声をかけられるため、
自分でラーメンを取りに行き、その時に「蓮華は右下にありますよ〜」と告げられます。
で、ラーメン。
ネットで見かけた「ポールニュー麺」と違い、失礼ながらちょっと雑な盛り付けに「あれっ?」と思ってしまいましたが、
その心配は食後に覆されることに・・・
まるで豚骨ラーメンのように真っ白いスープは、牛乳を使ったラーメン特有のあの臭みが全く感じられない、
むしろほのかに甘い香りすら感じさせる、今までの牛乳ラーメンとは違った印象を受けます。
七味が振りかけられたそのスープを啜ってみると、やはり臭みを感じないだけあって他の牛乳スープとは違い、
かすかな甘味や軽やかで深いコク、牛乳以外の動物系スープの旨味が一体となり、そこに七味がキリっとシャープな後味で纏めている、という感じでした。
そして私がこのラーメンを食べたかったもう一つの理由である、後から自分で溶かして食べる、いわゆる「静岡味噌溶き系」にも似たスタイルの「辛味噌」をスープに溶いてみます。
単体でその「辛味噌」をつまんで味わってみると、「辛味噌」というだけあって味噌ダレオンリーではなく、
ひき肉や唐辛子などを練りこんだ練り味噌になっており、麺に絡めて食べるような粘度はないので、
これはスープに全て溶かして食べるのがよさそう。
やはりこの味噌を溶かすと牛乳スープの印象がガラっと変わり、一気に辛味と味噌の旨味が増します。
溶かす前の牛乳スープも下味がついていますが、辛味噌を溶かしても味が濃すぎないのは嬉しいポイント。
それでいて味に物足りなさを感じないのは、フレッシュな牛乳やオリジナルの辛味噌などが持つ素材のチカラが強いからでしょうか。
こういう体に染み渡るような味わいのスープもいいもんですね。
麺はかなり柔らかく茹で上げられた、縮れ中太麺。
ラーメン屋さんではないので、まぁこれはこんなもんかな、と。
具材は素揚げしたナス、トマト、かいわれ大根、山菜など、いわゆる「山菜お蕎麦」に使われるようなものが乗っています。
しかしこれらも当然のように地場の素材を使っており、若干薄味に仕立てられたスープが功を奏してか、
具材の持ち味がそれぞれ活きている感じで、とても美味しく感じました。
それから写真では左下の方に少し見えるのですが、スライスチーズが入っています。
これもこちらで造られたものだそうで、単体で食べてみるとこれがまたコクがあって美味いんです。
思わずこの後おみやげコーナーに駆けつけ、チーズを買ってしまいました。
辛味噌というのを忘れて食べ始め、その辛味噌を溶かしてみたら結構辛くて驚きましたが、
それよりも驚いたのがこのコクや甘味がある牛乳のスープや、素材本来の持ち味を感じさせる具材たちでした。
どこどこ産のなんとかという素材です!みたいな強力なイメージはありませんが、
逆に食べてみて感じる地場素材の力強さや素晴らしさをたくさん感じさせてくれました。
ラーメン以外ももちろん楽しめる「富士ミルクランド」さんに、お子さんや彼女・彼氏を連れて行ってみてはいかがでしょうか。
そうそう、突撃前にtwitterのfollowerに教えてもらった「ソフトクリーム」も絶品なので、行かれる方はこちらも忘れずに!

富士ミルクランド
ラーメンはここ「イベントホール」で

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. ハーモニー より:

    高橋さんがそこまで褒めるミルクラーメン食べに行きましょうか。
    直ぐ蕎麦ですから・・・・
    チーズは良く購入しますよ。
    裂いて食べるチーズが大好物です。
    ワインには欠かせません。
    ジェラートも美味しいですね。

  2. かなり高橋 より:

    >ハーモニーさん
    ハーモニーさん厳しいので、一応言っておくと、
    ラーメン屋さんじゃないってところだけ、記憶の片隅にでも置いておいてください。
    そういえばこのチーズってここだけでしか買えないんですかね。もっと下の方のスーパーとか、富士宮以外で買えれば嬉しいのですが。

コメントを投稿する

© 2005 - 2010 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」