中華飯店 一元

中華飯店一元−みそラーメン
みそラーメン 700円
静岡味噌溶き系
オリジナルな静岡味噌溶きラーメンを、島田でも!
コッテリ:◎◎○○○(アッサリ鶏ガラ豚ガラスープに味噌タレを溶かして)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(水分量少ないストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。茹でたモヤシ、拍子切りしたチャーシューほか)
おすすめ:アッサリ ガッツリ ワイルド 濃い味 人気店 老舗 ぶらり 軽呑み
住所:島田市野田1100−9
TEL:0547−36−1879
営業時間:11:30〜14:30
     17:30〜21:30(当面20時まで)
休日:火曜
駐車場:3
座席:カウンター6 テーブル4x2 座敷あり
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル△
最寄り駅:なし


味噌溶きラーメンを探して島田市まで突撃してみました。
昨日の天気とはうって変わり、風が強いもののめっちゃいい天気で、ドライブには最適の一日となりそう。
高速道路を使ってビューンと島田市に向かいました。
お店の場所は国道一号島田I.C.を下り、直ぐ近くの島田市市立病院の隣にありました。
開店時間が判らなかったので、11時過ぎに到着しましたが、お店はまだやっていない様子。
店内には初老のご主人がいらっしゃったので、「何時に開店しますか?」と訊ねると、「11時30分からだけど、もうすぐ開店します」とのこと。
駐車場で30分までのんびり待たせてもらいました。
暖簾代わりに店先に掲げられた電光掲示板が30分ちょっと前に点ったため、店内に入ります。
年季の入った店内は、カウンターとテーブル、厨房の右手には座敷とおぼしき部屋があり、NHKを放送中のテレビや金魚が泳ぐ水槽が置かれ、いかにも田舎の中華料理店といった感じ。
セルフでお冷やとおしぼりを持ち、カウンターに座って目当ての「みそラーメン」を一つ注文します。
しばらく待ったのち、目の前に配膳されたラーメンは、他の「一元」と同じく大きな浅めのどんぶり。
そして「味噌溶き系」特有の、味噌ダレがまだスープに溶かれていない状態でモヤシの上にドーンと乗っています。
スープ自体は非常に淡い味わいの鶏ガラと豚ガラをメインとした、アッサリとしたガラ系スープ。
今まではこの「味噌ダレ」を全て溶いてから食べていましたが、今回は麺や具材と少しずつ絡めながら食べてみました。
やはりこの食べ方が合っているようで、やや酸味のある濃厚な甘味と旨味の強い味噌の味わいが素朴な感じ。
最後の方は面倒なので味噌ダレを全てスープに溶かして食べましたが、絡めながら食べる方が美味しい感じです。
麺はストレート細麺。エッジが立ち、水分量が少ない感じは他の一元と同じ印象です。
ひょっとしてこの麺も他の一元同様、清水区の「一元本店」さんから持ち寄っているのでしょうか。
具材は茹でたモヤシ、拍子切りしたチャーシュー、青ネギに黒ごまを散らして。
先ほど書いたようにこれらの具材を味噌ダレと和えながら、麺を啜って口の中で食感と味の調合をするのが、この「味噌溶き系」ラーメンの楽しめる食べ方のように思いました。
お店は地元の方には馴染み深いのか、年輩のお客さんや家族連れなどのお客さんが開店早々続々とやってきていました。
どうやらここにも「静岡味噌溶き系」ラーメンが根付いているようです。

中華飯店一元

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. ひろ より:

    先日食べに行ってきました。
    感想は、スープの臭みがとても気になりました
    麺も若干のびていて残念でした

  2. かなり高橋 より:

    >ひろさん
    ほぇ〜そうでしたか。
    私の時はそうでもなかったんですが、バラツキがあるんでしょうかねぇ・・

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」