餃子菜館 忠華

忠華−ワンタンメン
ワンタンメン 570円
中華そば系
「昭和の雰囲気が今も色濃く残るハートフルなお店」
コッテリ:◎◎○○○(煮干しがほんのり香る鶏ガラ醤油スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(シャキっと茹で上げられた縮れ細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。ツルツルのワンタン・青ネギ)
おすすめ:アッサリ、ジンワリ、上品、老舗、安い、お手軽、ほんわか、ぶらり、軽呑み、穴場、ファミリー
住所:三島市本町5−2
TEL:055−975−2218
営業時間:11:30〜20:30
休日:水曜
駐車場:なし
座席:テーブル4x3 座敷2x4,6x3
禁煙:喫煙可
出前:不明
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 駿豆線 三島広小路駅


つい先日、三島の中央商店街通りで古くから市民に愛され続けている「みつわ食堂」に突撃レポートをアップした際、
「三島のなべちゃん」さんからいただいた情報で、というより、突撃指令を頂いた気がするので、早速突撃してきました。
お店の場所は三島男児のオアシス、白雪通りをちょっと奥に入ったところにひっそりと佇んでいました。
外から見ても歴史を感じるそのお店。
ガラガラと懐かしい音を立てる引き戸を開けて一歩足を踏み入れると、
地元の方とおぼしき年配のお客さんで賑わっていました。
まるで「三丁目の夕日」をそのまま現実化したかのような昭和ノスタルジーをひしひしと感じる店内は、
年季の入ったテーブル席、2人掛けの座敷、奥にも6人掛けの座敷がありました。
壁には手書きでメニューがずらりと並び、何を注文しようか迷ってしまいます。
どのメニューも今時にしては格安で、入る前はラーメンのみ食べようかと思っていましたが、
なんだか安くてそれでは悪いので、ワンタンメンを注文してみました。
それにしてもこのお店、古い割にと言っては失礼ですが、清潔感もあるし、古いお店特有の臭いもないし、
歴史は古そうではありますが、今でも全然普通に入れちゃいそうです。
それに入る前からそうでしたが、とてもノスタルジックで、未だに昭和のいい雰囲気が残っているし、
すごく落ち着きますね。
なんて物思いにふけっているうちに、ラーメンが到着しました。
表面に魚粉がうっすらと浮く醤油色に染まったスープは、鶏と煮干しの香りがふんわりと優しく立ち上ってきます。
味わいもその香りに同じく、柔らかい煮干しの味わいに臭みのないしっかりと炊き出された鶏ガラの風味が懐かしい、いわゆる中華スープ的な味わい。
やや旨味というか甘味が強い印象ですが、それが逆にこのお店の雰囲気にとてもマッチしていて、ほっこりとした気分にさせられます。
麺は若干柔らかめに茹で上げられた、縮れ細麺
つなぎに玉子の黄身が使われているのか、麺にも甘味を感じます。
ほんのりとカンスイの香りが、クラシカルなスープによくマッチしています。
具材はビロビロっとした食感がいかにもなワンタン、青ネギ。
いやぁ、この値段でこの味は今時素晴らしいですね。
なによりもこの雰囲気があるからこそ、よりラーメンが美味しく感じるんでしょうね。
そうそう、こちらのお店は女性店員のみで営業されています。
だからこそのきめ細かいハートフルなサービスなのか、
ラーメンが運ばれてきたときに「お漬け物食べます?」と聞かれました。
そのときは断りましたが、食後にも「コーヒー飲みます?」と聞かれたので、
夜眠れなくなるからいいです(笑)」と断ってみたものの、「じゃあちょこっとだけならどう?」と言われ、
こう引き下がられたら断り切れず、そのちょこっとコーヒーを頂きました。
デミタスカップに注がれたコーヒーを飲んだら、案の定まったりとした気分になりました。
帰り際、「寝られなくなったらどうするの?」と笑いながら聞かれたので、
勉強でもして寝ます」と答え、ラーメンを食べている途中に追加注文した持ち帰り餃子を手に、お店を後にしました。
最後になりましたが、「三島のなべちゃん」さん、
素敵なお店をご紹介いただきまして、ありがとうございます。

忠華

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. 三島のなべちゃん より:

    気に入っていただけたようで私もうれしいです。
    あの特有な雰囲気は新しい店ではなかなか
    難しいでしょうね、人(客と店)と長い時間とが
    作り上げた空間って感じします。

  2. かなり より:

    >三島のなべちゃんさん
    素敵なお店をご紹介いただきまして、ありがとうございます。
    そういえば、「サイメン」というメニューがあったんですが、あれってどんなラーメンなんでしょうね・・
    その謎を解決すべく、また食べたいと思います!

  3. 三島のなべちゃん より:

    サイメンですか、30年ほど前から行っているのに
    気がつきませんでした、、、菜麺でしょうか、ザーサイ載って
    いるような、はたまた細麺か、、、、お食べになったら
    是非、答えを教えてください。
    食べたらすぐに眠くなるような麺ではないですよね

  4. かなり より:

    >三島のなべちゃんさん
    なんでしょう〜、謎は深まるばかりですね(^^)
    家からもそう遠くないので、歩きでフラフラっと行ってみたいです。

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」