六文亭 沼津店 めん房

めん房−ジャージャー麺
ジャージャー麺 790円
ジャージャー麺系
「独自のアレンジを効かせた、食感豊かなジャージャー麺」
コッテリ:◎◎○○○(ラー油たっぷりオイリーな甘口中華スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(加水やや少なめストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。クワイ入り肉味噌、小口切り白ネギほか)
おすすめ:コッサリ、ガッツリ、オイリー、濃い味、華やか、オリジナル、深夜、ほんわか、ぶらり、軽呑み、穴場、ファミリー、ピリ辛、中華、炒め物
住所:沼津市大手町3−5−4
TEL:055−952−3445
営業時間:11:30〜15:00
     19:00〜27:00
休日:日曜
駐車場:なし
座席:カウンター17 テーブル2x1,6x3
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:JR東海道線 沼津駅


またまた行ってきました、沼津駅からほど近い「六文亭 沼津店 めん房」さん。
このお店は場所柄当然ではありますが、駐車場が無いのがちょっとネック。
といいつつも、なにげに3度目の突撃。
表通りからはちょっと中に入った場所にあるので、
普通に通りを歩いていると気づくのはやや難しいかもしれませんが、
判りやすい場所なので、一度行けば忘れることはないでしょうね。
お店は調理担当の方と配膳担当のお二人で営業しています。
前回、前々回に突撃したとき、お店に入るなり配膳担当のスタッフが
券売機のところまで来てくれた覚えがあり、そのタイミングでオススメメニューか
人気メニューを聞いてみようと思いながら店に入ったのですが、
今日はたまたまタイミング悪くそれが出来ませんでした。
うーん・・と何を食べようか迷っていたところ、ふと思い出したのが、
確か記憶ではオープン記念で「ジャージャー麺」を安く振る舞っていたような・・
その記憶を頼りに「ジャージャー麺」を食べてみよう!ということで、その食券を購入。
店内は不思議と個人客が多かったのですが、確かにそんな雰囲気のお店かもしれません。
やや薄暗い通りに煌々と明るくライトアップされ、外から店内を覗くと明るく清潔様子が
見て取れ、しかも割合空いている。
そのあたりがつい入ってしまいたくなる印象に繋がってるんでしょうかね。
そんなことを考えているうちに、目当てのラーメンが到着しました。
ラー油がたっぷり表面に浮かぶスープそれ自体は、甘口のサッパリとした中華スープ。
一般的なジャージャー麺はスープが無いか、あってもほんの少しなんですが、
ここのはアレンジが効いていて、むしろ普通のラーメンに具材としてラー油や
ジャージャーソースが乗っているといった方が判りやすいでしょうか。
ラー油は確かに割と効いている方だと思いますが、スープの油と合わさっているのか、
中華料理特有のオイリーさはあってややコッテリとしてはいるものの、
辛さ自体はそれほどでもなく、そのラー油の香りが食欲をそそるような感じです。
麺は他のメニュー同様、ストレート細麺
やや加水が少なく、スープ表面の油分も手伝い、スープ乗りはとてもいい感じです。
具材は挽肉をネギや唐辛子を甘辛く炒めた肉味噌に、大量の小口切り白ネギ。
それから食べているうちに気づいたのが、白くてジャガイモのような香りを持ちつつも、
サクサクとした食感を持つ不思議な食材。
何か判らず店員さんに訊いてみると、「くわい」という中華料理に使われる食材だそう。
確かにこれはあまり他では食べたことが無く、ましてジャージャー麺でこれを食べたのはこれが初めてです。
そんな感じで、肉味噌のジューシーさやネギのツンとした香りや味、それにサクサクとしたくわいの食感が加わり、オイリーで甘口のやや濃い味わいのスープと、3種の具材それぞれが別々の食感や風味を持ち、しかも大量にそれが入っているので、食感と味わいがとてもゴージャスな、いかにも中華料理的な派手さがありました。
普段、普通のラーメンやつけ麺といったニュースタイルのものばかり食べていますが、たまにはこういうスタンダードなジャンルのラーメンもいいですね。
くわいの面白い食感も手伝い、夢中で食べきってしまいました。
中国料理、中華料理もガツガツいけるという、強くて若い胃をお持ちのラーメン好きな方に、オススメしたいラーメンです。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. アねモね より:

    かなりさん、こんにちは!アロエスミス改めまして、アねモね でございます。よろしくです(^-^)
    今日は、こちらで、タンメンをいただきました。野菜たっぷり、胡椒もきいていて、美味しかったですよ。こちらは、メニューがたくさんで、迷いますね。

  2. かなり より:

    >アねモねさん
    こんにちは、アねモねさん。
    そうですね、どれも食べてみたくなって、迷うんですよね〜(^^)

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」