鈴福

鈴福−みそラーメン
みそラーメン 650円
オリジナル系
「昭和情緒が色濃く残る、超人気老舗店」
コッテリ:◎◎○○○(茹でた野菜と豚の旨味が溶け出した、甘味豊かな味噌スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(ややウェーブしたストレート平打ち中太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。スープで茹でたタマネギ・モヤシ・豚こまほか)
おすすめ:コッサリ、ジンワリ、はんなり、オリジナル、人気店、老舗、深夜、お手軽、ほんわか、ぶらり、熱い
住所:三島市安久37−3
TEL:055−977−4627
営業時間:11:00〜23:30
休日:月曜
駐車場:15台
座席:カウンター10 テーブル12
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ△ カップル○
最寄り駅:伊豆箱根鉄道駿豆線 大場駅


昨日に引き続き、三島の老舗シリーズ第2弾。
三島の老舗と言ったらこのお店を忘れてはいけません。
同名店が三島駅南口を下ったところにもあり、実はこちらお店、元は支店だったって知ってましたか?
今はどちらが支店というわけではありませんが、見た目的には圧倒的に客数が多いこちらが本店のように見えますよね。
長年変わらず高い人気を誇るのも、お客さんを呼び寄せる魅力がここ「鈴福」にあるためでしょうね。
そんな魅力が他のラーメン店すら呼び寄せるのか、今ではこのお店を囲むように、静岡でも屈指の人気ラーメン店が結集したラーメン激戦区だったりします。
さてさて今晩は、ちょうど夕飯時に突撃したので、駐車場も店内も混み気味。
でも、ここは回転が速いのであまり待つことなくラーメンにありつくことが出来るのも特徴ですね。
カウンターに座り、久しぶりにみそラーメンと餃子を注文してみました。
そういえば、結構前の話かもしれませんが、値段が若干上がってますね。
一番シンプルなラーメンでも600円します。
なんだか少々寂しい気もしますが、これも時代の流れでしょうか。
代わりに餃子は350円となかなか手頃ですね。
んで、ラーメン。
見た目赤味噌ベースで塩辛そうな感じですが、飲んでみるとこれが意外にも甘口の味噌スープ
その理由は具材でもあるタマネギ、モヤシ、豚こま肉を元スープで軽く煮立たせてから味噌ダレを割っているので、この野菜類の軽やかな甘味が味噌の鋭さをうまく包み込んでいるんでしょうか。
鼻に抜ける味噌の香ばしさと、じんわりとした旨味広がる優しいスープです。
麺は軽くウェーブしたストレート平打ち中太麺
スベスベとした麺肌と、モッチリとしたコシが特徴で、あまり古さを感じさせない食べ応えのある麺ですね。
具材はスープで茹でたタマネギ・モヤシ・豚こま肉の上に青ネギをパラパラと散らして。
どんぶりがやや小さめですが、麺は普通の量入っているので、当然具材はその上、
どんぶりの上に山盛りになります。
そんなわけでこのメニューも見た目豪快ですが、それほど量が入っておらず、
また味わいも優しいのでスルスルと食べられてしまいます。
そうそう、餃子の方もモチモチとした厚皮が印象的で、値段の割に食べ応えがありましたよ!
ラーメン屋なんてサッと入っていつものメニューをササッと注文し、静かに素早く食べてサクッと出る。
そんな粋な大人の方にオススメしたいお店です。
鈴福

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. たっつん より:

    大場駅付近で飲みに行った帰り、よく辛口味噌ラーメンを食べました。辛口なんですが甘みもあっておいしいんですよね〜。

  2. かなり より:

    >たっつんさん
    そうなんですよね。この柔らかい甘味に惹かれるんですよね。
    そうそう先日行ったときは常連と思しき方が、「辛口、ちょい辛で」とオーダーしていました。
    常連だからと店のスタッフと無駄口叩かず静かに食べる様子は、とても粋だなぁと思いました。

  3. naminaminami より:

    久しぶりに寄ってみました。

    いつもは、手打ちラーメンを注文していましたが、寒いということで味噌ラーメンをオーダー。
    う~ん!香からしてウマそう。
    スープを一口。体がポカポカする昔ながらの優しい味に感激。
    麺も美味しいし、全てがパーフェクトのラーメンってスゲェなぁ~の一言!!!!!!

    やっぱり、この店・・・・・・・スゲェ!
    体も心もポカポカで、これから何時まで掛かるのか判らない仕事への気力が復活した私でした。

  4. kurochan より:

    三島駅南口の鈴福に行ったんですがどこに行ってしまったのか見つけられませんでした やめちゃったんですよね (涙)

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」