長浜ラーメン 小太郎 富士店

小太郎−こってりラーメン
こってりラーメン 700円
長浜系
「あるようで無い、静岡で食べられる本場の味!」
コッテリ:◎◎◎◎○(表層にラードがたっぷり浮く、博多長浜豚骨スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(加水少なめストレート極細麺)
量の多さ:■■□□□(麺量やや少なめ。煮玉子にモモチャーシュー、たっぷりの青ネギ)
おすすめ:コッテリ、ワイルド、オイリー、濃い味、老舗、深夜、お手軽、ぶらり
住所:富士市松岡1542−1
TEL:0545−60−3800
営業時間:11:00〜14:00(平日)
     17:30〜24:00(平日)
     11:00〜15:00(土日祝)
     17:00〜24:00(土日祝)
休日:月曜
駐車場:なし
座席:カウンター13 テーブル8
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:JR身延線 柚木駅


1軒目のお店でラーメンと餃子を堪能し、いい感じにお腹いっぱいになりつつありましたが、せっかく富士まで来たのでもう一軒寄ることにしました。
「富士でもう一軒」と頭に思い描き、いつも最初に思い浮かぶのが「小太郎」。
そう、静岡県下でも大変珍しい、本格的な博多のしかも長浜ラーメンが食べられるお店です。
系列店として沼津にも同名のお店があり、味は知っていて好きな味だったので前から行きたかったお店ではあるものの、よく知った味だけに一発目に突撃するお店ではなく、2軒目に寄りたいお店だったんですよね。
でも富士で今まで食べてきたラーメンって割とオイリーか、もしくは1軒でお腹いっぱいになりそうなお店ばかりだったので、なかなかこのお店を2軒目にチョイスする機会が無かったんです。
でも、今日は1軒目が上品でシンプルなラーメンだったので、思い切ってここを2軒目に突撃してみました。
交通量の比較的多い生活道路に面したこちらのお店。
カウンター中心の店内は豚骨ラーメン店にありがちな臭いも無く、割と清潔な感じ
ていうかあれ?スタッフのおばちゃん、沼津店で見たことありますね。経営が同じなのかな。
メニューはもちろん博多長浜ラーメン専門店なので、豚骨のみ・・・と言いたいところですが、よく見ると味噌もありますね。
ちょっと興味をそそりますが、入る前から気分は豚骨だったので、「こってりラーメン」を注文しました。
本場長浜ラーメン店と同じく、麺の茹で上がりがとても早いので、ラーメンが到着するのもめっちゃ早い
見慣れたルックスに安心感を覚えつつ、まずはスープから飲んでみます。
「こってり」の名前通り、表面にはラードがたっぷりとスープを覆い被しており、これがコッテリの元になっています。
スープ自体は豚骨を一気に炊きあげたためか、軽い口当たりにもかかわらずコク深くて力強い味わいを持っています。
飾らない、いかにも豚骨スープな感じですが、臭みが無く、口当たりも軽い感じなので、サラッと飲み干せそうな感じです。
麺はストレートの極細麺。加水が少なく固めに茹で上げられているので、長浜ラーメンらしいモソっとした独特な食感があります。
また、カンスイ臭が本物の長浜ラーメンほどにはしないので、リアル感は薄れるものの、食べやすい感じです。
麺は若干量が少ないので、「替え玉」するほうがいいかもしれませんね。
具材はモモチャーシューに大量の青ネギ、完熟ゆで玉子。
いつも思うのですが、豚骨ラーメンに完熟ゆで玉子って不思議な取り合わせですね。
ひょっとしてこの辺も長浜スタイルとか?
うーん、やっぱ長浜ラーメンというか、小太郎はイイっすね〜
困ったことにこの味って夜中に食べたくなるんですが、その辺をお店もわかっているようで、遅くまでやってるんですよ〜(笑)
体にはあまりよくないとわかりつつも、やっぱ時々食べたくなるんですよね、ここのラーメンって。
この白いスープを見ると、思わず目が輝いて小躍りしてしまうあなたに、オススメです。
小太郎

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 3件

  1. つけめん王子 より:

    木・金曜の昼に行きました。漫画がたくさんおいてあるので読んでいてもすぐにラーメンが出来上がるから意味がないですよね(笑)今度はチャーシューメン+替え玉に挑戦します。

  2. かなり より:

    >つけめん王子さん
    そうですね、私も注文後は注文したものをメモったりするんですが、このお店ではまごまごしてると
    ラーメンが来ますので、焦ります(笑)

  3. バリかた より:

    富士にも豚肩ラーメンの店が増えせいか、しばらく行かなかったら、閉店してました。残念です。

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」