らーめん道場 二代目 英喜家(喜は七が3つ)

英喜家−納豆つけめん
納豆つけめん
オリジナル系
「甘塩っぱい濃い味つけ汁と納豆の意外なマリアージュ」
コッテリ:◎◎◎○○(酸・鹹・甘のバランスに優れた、オイリーな濃い味つけ汁)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(加水多めのプリプリストレート太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。ブロックチャーシュー・キクラゲ、納豆ほか)
おすすめ:コッサリ、ガッツリ、ガテン、ワイルド、オイリー、濃い味、深夜、軽呑み
住所:三島市広小路町4−3
TEL:055−975−2355
営業時間:17:30〜28:00(日〜木)
     17:30〜29:00(金土祝前日)
休日:無休
駐車場:なし
座席:カウンター2 テーブル2x4,4x2
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ△ カップル○
最寄り駅:伊豆箱根鉄道 三島広小路駅


三島の夏祭り前日、今月の14日にオープンしたこちらのお店。
厨房器具のトラブルで、当初は提供できなかった豚骨スープを食べに、再突撃してみました。
確か18日から豚骨スープをやる、とあったのですが、メニューを見ると未だ無い様子。
店員さんに聞いてみると、どうやら豚骨スープは提供せず、前回食べた鶏ガラスープを使ったラーメンと、人気のつけめんのみの営業形態になったようです。
それを聞いた私の寂しそうな表情が読まれてしまったのか、「納豆大丈夫ですか?納豆つけめんがヤバイんですよ!」と薦められたため、試作品か新製品かちょっとわかりませんが、その「納豆つけめん」をオーダーしてみました。
お祭りにあわせたオープンが功を奏したのか、お店は20代から40代の男性が途切れることなく入ってきていました。
でも何故かこの地でデジカメで写真を撮る人が同時に何人も居合わせていたのは、とても不思議でした・・(^_^;
メニュー構成がシンプルなためか、注文から提供まではそれほど待つことは無く、
比較的早くにつけ麺が到着しました。
まずは麺のみ食べてみると、この間食べたラーメン同様、加水が多いためにプリプリとしたみずみずしい食感がとても心地がいい、ストレート太麺
ラーメンと違ってより麺の善し悪しがはっきり出るつけ麺だけに、このお店も麺にも気合いが入っている感じです。
つけ汁は甘み・塩辛さ・そして酸味がお互いを引き立てあうような高いバランスで絡み合い、それに動物油がコッテリ感をプラスした、オーソドックスな醤油ベースのつけ汁
具材として角切りのバラチャーシューにキクラゲ、白ネギ。
トッピングとして練った納豆が添付されますが、つけ汁に入れて食べた方が食べやすかった感じです。
納豆もなかなか合う感じですが、個人的にはバターを入れたほうが、食べ慣れた味って感じです。
東部のラーメン好きな方ならご存じの古くからあるタイプのつけ麺で、その味やこの見た目からして
(あのお店出身かな・・)とピンと来る方もいらっしゃるかもしれませんね。
あちらのお店同様、飲んだ後に締めとして食べられる、夜型営業形態はありがたいですね。
そうそう、BGMは前はメタル系の激しい感じだったのですが、今は無難なロックに変わっていました。
あれはあれで個性的だと思ったのですが、やっぱり雰囲気に大きく影響しますよね。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 2件

  1. 花丸 より:

    つけ麺おいしかった。つゆと麺のバランス最高ですね。シンプルだけど味わい深い麺「は三島ではなかなかお目にかかれないです。

  2. かなり高橋 より:

    >花丸さん
    初めまして、コメント頂きましてありがとうございます。
    そうなんですよね、ここのつけ麺ってシンプルなんですが、完成度高いですよね。

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」