麺処 田ぶし 沼津店

田ぶし−四川辛味つけ麺
四川辛味つけ麺 780円(1日30食、夏限定)
オリジナル系
「複雑な辛さのハーモニーがもたらす、魅惑の味わい」
コッテリ:◎◎◎◎○(辛くて濃厚でオイリーな豚骨ベースのつけ汁)
麺の太さ:◆◆◇◇◇(水でシャキっと締めたストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。茹でたモヤシ・味付けニラ・バラチャーシューほか)
おすすめ:コッテリ、ガッツリ、ガテン、ワイルド、オイリー、濃い味、人気店、自家製麺、ファミリー、辛い、限定
住所:沼津市花園町3−3
電話番号:055−928−5011
営業時間:11:00〜23:00
休日:無休
駐車場:あり
座席:カウンターあり テーブルあり
禁煙:全席禁煙
出前:なし
URL:http://www.tabushi-mishima.jp/numazu/
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:なし


最近は高校野球ネタの多い「麺処 田ぶし」のスタッフブログに、ちょっと前に
夏の限定メニューが出来たと書かれていたのを思い出して突撃してみました。
確か前回突撃したのは、裏メニュー?のぬる味噌を食べに来たときだったでしょうか。
今回の限定も「食べて〜!」と言わんばかりに、券売機のボタンには小さいけれど
目立つポップが張られていて、誘われるがままにポチっと押してしまいました。
そういえばちょっと前までこの店に突撃しようと向かってみると、駐車場は満車というか、
そもそも車が入れないくらい混雑していたんですが、今日は意外にも車が少なくてすんなり入れました。
伊豆縦貫道が出来た影響もあるんでしょうか。
混んでいるのは嫌いなので、寄りやすくなったのはありがたいです。
で、お目当てのつけ麺の方はというと、豪快に盛りつけられた麺皿と、
見るからに辛そうな真っ赤なつけ汁がお盆に乗せられて提供されます。
まずは麺のみを啜ってみると、荒熱を取るだけでなく、きっちりと冷たく締められており、
シャッキリ感と共にやや固めのコシのある食感が楽しめるストレート細麺
「本家 田ぶし」に使われている麺よりも細く感じたのは気のせいでしょうか。
つけ汁の方は海苔を筏にして花椒と唐辛子の粉が乗せられており、
あえてそれをよけて汁に麺をつけて食べてみます。
見た目ほどに辛さは無く、たっぷりと入った香味油とスープ自体が織りなすほどよい辛さと重厚でパンチのある旨味がとても印象深い感じです。
食べ進めるながら先ほどの花椒と唐辛子をつけ汁に溶かしてみると、ガラっと辛さのイメージが変化し、唐辛子のピリリと舌先に刺さる辛さと、花椒の舌の奥にビリビリとした刺激が広がります。
つけ汁自体は田ぶし自慢の豚骨スープをベースに、挽肉やメンマなど、担々麺にも似た具材と一緒に煮込んで旨味を引き出したようで、対する香味油のほうも複数のスパイスから辛味を動物油に抽出した感じで、ド派手な旨味と辛さがぐいぐいと力強く迫ってきます。
具材は軽く茹でたモヤシ、豆板醤と和えたニラ、バラチャーシュー。
辛さもガッツリですが、これらの具材もガッツリ感をより強める脇役になっていました。
田ぶしですから、麺はもち大盛り無料です。
今回は普通盛りにしましたが、このガッツリ感なら大盛りでもスルっと食べられちゃいそうです。
私は辛いものがそんなに得意ではないのですが、この「四川辛味つけ麺」は
ほどよく辛いかな・・)位の感じで食べることが出来ました。
そうそう、スープ割りも頼めば出来ますので、お忘れなく。
そのままではとてもしょっぱいつけ汁ですが、豚骨スープで割って飲んでみると、
その重厚で複雑な旨味と辛さをほどよい塩加減で味わうことが出来ますよ。

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 4件

  1. 私も行ってきました。
    8/30にこのメニューを食べてきました。
    味にパンチがあるので、大盛がいいですね。
    最初は大して辛くないな、と思っていたのですが、徐々に辛さが増してきて、最後は汗をかきながらの完食になりました。
    スープよりも麺の美味さが引き立ちます。

  2. かなり より:

    >ライオンキングさん
    そうそう、私が食べたときも最初はそうでもないかと思って食べ進めると、
    後から徐々に来るんですよね。ドラマチックで不思議な体験でした。

  3. のぶりん より:

    26日から新メニューが出ました。
    特製つけ麺「匠」です。
    ベジポタ系に属すると思います。
    是非突入してレポをお願いします。

  4. かなり高橋 より:

    >のぶりんさん
    始まってますね、匠。
    つけ汁も独創的ですが、何より今回は麺に気合いが入っていますよね。
    近いうちに突撃してきます!

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」