六文亭 沼津店 めん房

めん房−辛し五目
辛し五目 850円
五目系
「濃厚な甘辛い五目餡がたっぷり乗ったボリューミーな一杯」
コッテリ:◎◎○○○(甘くピリリと辛い五目餡が濃厚な味わいのアッサリ醤油スープ)
麺の太さ:◆◇◇◇◇(柔らか茹で加減のストレート細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。プリップリの大粒ムキエビ・ハリハリ野菜ほか)
おすすめ:アッサリ、ガッツリ、ワイルド、濃い味、深夜、ぶらり、軽呑み、ファミリー、ピリ辛、中華
住所:沼津市大手町3−5−4
TEL:055−952−3445
営業時間:11:00〜14:30
     16:00〜25:00
休日:火曜(8月16日より日曜)
駐車場:なし
座席:カウンター17 テーブル2x1,6x3
禁煙:喫煙可
出前:なし
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:JR東海道線 沼津駅


7月下旬にオープンした中華料理店。
「六文亭」といえば裾野の人気店ですが、その人気の味そのままに沼津駅近くに進出してきました。
表通りからちょっと中に入ったところにあるそのお店は、残念ながら駐車場はありませんが、駅近という場所柄徒歩で利用される方も多くなりそう。
私はというとお店の隣にあるコインパーキングに車を停め、テクテクと歩いて行きました。
店内に入って右手に券売機がありますが、これを使うのは昼のみのようで、夜は口頭注文、レジ精算のようです。
既に仕事帰りのサラリーマンがテーブル席で中華料理をつまみにビールを楽しんでいらっしゃいました。
カウンターに座りメニューを見ると、オススメが一目でわかるよう、他のメニューに比べてやや大きく写真が掲載されていました。
今回はその中でも一番人気の「辛し五目」をオーダーしました。
こちらのお店、裾野本店のほうは創作ラーメンの種類が豊富なことでも有名ですが、沼津店ではスタンダードメニューで固められていました。
しかし、場所を意識してかおつまみメニューというか単品メニューがかなり豊富で、軽くつまみとビールを楽しんでからラーメンを食べるのも良さそうです。
なんて考えているうちにラーメンが到着。
一般的なラーメン店に比べてやや大振りのどんぶりにドーンと盛られた五目あんかけ
大きなむきえびや、甘辛い香りが目からも鼻からも食欲をそそります。
スープはこの五目餡に浸食されて濃厚な甘みの向こうにピリリとした辛みが顔を出す、とろみのあるアッサリとした醤油スープ
片栗粉のとろみに濃い甘さが相まってどっしりとした味わいがありますが、油っぽさはそれほどでもないので意外にも口当たりはアッサリとしています。
麺はストレート細麺。やや柔らかめに茹であげられています。
具材はプリプリとした食感が嬉しい大きなむきエビにマッシュルーム・キクラゲ・タケノコといった五目素材。
エビはプリプリと、野菜はハリハリと炒めてあるところは流石中華料理店らしいところですね。
上物が乗ったラーメンはやや高めの設定ですが、なかなかボリュームもあって食べ応えがあり、
麺メニューも醤油・塩・味噌・塩、そしてつけ麺まであるので、家族連れにもいいかもしれませんね。
めん房

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 3件

  1. ああ、六文亭行かれましたね。
    たしかに、金額が少し高いかなあと思いますが、仕方ないですかね。
    沼津は無駄に地面の高い町ですから。
    25時閉店なのはいいと思います。
    そんな遅くまでやっている美味いラーメン屋は、この界隈にはありませんでしたから。
    今度は飲んだ後に行きます。

  2. かなり より:

    >ライオンキングさん
    軽く一杯なら、ココで全て済ませるのもいいかもしれませんね。
    駅からもそう遠くないので重宝しそうです。

  3. 三人の子持ち より:

    メニューが豊富でしかも麺は自家製 値段以上の旨さに納得できますね 確かに辛し五目は病み付きになります 沼津に出来たなら今度行ってみます 近いから

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」