すみれ ららぽーと磐田店

すみれ−味噌ら〜めん
味噌ら〜めん 900円
純連系
「伝説の味、純連がフードコートに舞い降りた!」
コッテリ:◎◎◎◎○(コッテリラード効く濃厚甘口味噌スープ)
麺の太さ:◆◆◆◇◇(純連御用達の多加水縮れ中細麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。肉そぼろにメンマ・白ネギ)
おすすめ:コッテリ、ガッツリ、ガテン、ワイルド、オイリー、濃い味、人気店、ファミリー、熱い
住所:磐田市高見丘1200 1Fフードコート内
TEL:0538−38−5216
営業時間:10:00〜21:00
休日:無休
駐車場:あり
座席:テーブル あり
禁煙:全席禁煙
出前:なし
URL:http://www.sumireya.com/
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:なし


2009年6月25日オープンの新店。
正式ブランド名では静岡初上陸の「すみれ」に突撃してきました。
場所は磐田市に新しく出来た、ららぽーと磐田のフードコート内にあります。
今回はラーメン専門店ではなく、ショッピングモールであるららぽの一角であり、
私たちのようなラーメン目当てで訪れる客よりも、圧倒的にショッピング目的で
訪れる客がめっちゃくちゃ多いだろうということで、少しだけ早めにららぽに向かいました。
静岡近辺で静岡人さんとボボイさんをピックアップし、焼津インターから一路遠州豊田PAを目指します。
そう、ETC付きの車なら、パーキングエリアを降りて直接ららぽーと磐田に向かうことが出来ます。
でもパーキングエリアに着いてビックリ!
PA内で既に渋滞が出来ています。殆どが県内ナンバーですが、他県もチラホラ・・
流石日本人というか、いやぁ、凄いですね。皆さん来るんですね、やっぱり。
I.C.からはららぽの警備員が駐車場まで丁寧に案内してくれるので、渋滞すること以外は不安無く到着できます。
んで、立体駐車場の屋上に車を停め、ららぽの開店をエスカレーター前で待ちます・・
流石に開店前ともなると、そのエスカレーター前にも行列が出来ます。
殆どファミリーかカップルばっかり。男同士は我々だけですね(^_^;
で、10時きっかりにエスカレーター前の自動ドアが開き、皆さん綺麗にエスカレーターに向かいます。
このあたりは流石一般人ばかりなのか、順番抜かしたり吠えたり怒ったりするような妙な混乱はありませんでしたね。
で、我々は「すみれ」を目指し、フードコートに向かいます。
フードコートには様々な飲食店が並び、目当ての「すみれ」は一番はじっこにありました。
後で判りましたが、これは誘致したららぽ側が計算してあえて端にしたんでしょうね。
だって10時に開店して30分と経たないうちに、ここだけ軽く100m以上の行列出来てましたから。
我々もそうですね、前に30m位は行列になっていたでしょうか。
いよいよ我々の注文ですが、ここでは先に注文と精算を済ませてポケベルをもらい、それが鳴ったらラーメンを取りに行くという、セルフ形式になっています。
3人とも味噌ら〜めんをオーダー
いやぁ休日だからか、広いフードコートにも関わらず、席を取るのが大変です。
我々は関取係、注文係とそれぞれ役割を分けて行動します。
前置きが非常に長くなりましたが、いざラーメン!
スープ表面を覆うラードの量が3人それぞれ違うというワイルドなスープは、
提供直前に擂ったであろうショウガの風味が立ち、コク深い甘みを持った濃厚な味噌スープが懐かしい、純連のあの味がそのままここに。
基本的に濃厚な味噌と軽やかな風味のラードがこのスープの特徴ですが、行列している時に気付いたんですが、ここってスープというか味噌を焼いていないんですよね。
場所柄鍋を振ることが出来ないのか、一般的なラーメン同様、味噌ダレを張った丼にジャーッとスープを割り入れるんです。
純連に代表される札幌ラーメンというと、鍋でスープを焼くのが特徴だと思っていたので、これは残念。
んでも、フードコートにしてはかなり美味しいですよね!
麺はこれまた純連の特徴である、森住製麺特注の多加水縮れ中太麺
熱々のスープでも全く伸びにくく、最後までモッチリとした食感を楽しめます。
やや太麺で、とても縮れていて濃厚なスープをたっぷりと吸い上げ、とてもガッツリとした食べ応えがありますね。
具材は肉そぼろに崩れたチャーシュー、メンマに白ネギ、炒めてあったタマネギ。
900円は高いけど、正直フードコートでこのレベルのラーメンを食べられるのは凄いことだと思います。
すみれ

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」