蔵前家

蔵前家−ラーメン
ラーメン 650円
横浜家系
「本格的な横浜家系ラーメン、浜松市に上陸!」
コッテリ:◎◎◎◎◎(どっっしりと重い濃厚豚骨醤油スープ)
麺の太さ:◆◆◆◆◇(短めにカットされたストレート太麺)
量の多さ:■■■□□(麺量普通。チャーシュー・ほうれん草・海苔)
おすすめ:必食、コッテリ、ガテン、ワイルド、オイリー、濃い味、ファミリー
住所:浜松市北区細江町中川7172−2522
TEL:053−523−3525
営業時間:11:00〜21:00
休日:火曜
駐車場:あり
座席:カウンター10 テーブル4x2
禁煙:全席禁煙
出前:不明
URL:なし
雰囲気:子連れ○ カップル○
最寄り駅:なし


2009年4月4日オープンの新店。
情報は入っていたものの、資金不足に時間不足が重なって直ぐに突撃することが出来ませんでしたが、やっと行ってきました!
ネットの情報によると、このお店は以前、東京台東区にあったらしいのですが、店主の地元である浜松に移転し、その以前の場所である蔵前の屋号をそのまま持ち込んだそう。
細江町というと浜松でも結構外れの方で、地図を見ると幹線道路からちょっと外れていたので、広い浜松のことだからちょっと探すことになりそうだなぁと思いつつ車を走らせました。
でも実際行ってみると、ポイントとなる交差点を外さなければあっさり見つかりました。
お店は餃子屋さんの裏手にあり、駐車場も結構沢山ありました。
未だ建って間もないため、横浜家系ラーメン店とは思えないくらいシックな建物はとても綺麗です。
店内も外観同様、白と黒を基調としたややモダンな造り
TVはもちろんBGMも全く無いので、そこは硬派な横浜家系らしい、やや緊張感ある雰囲気でした。
注文は食券制。とりあえず普通のラーメンの券を買い、カウンターに向かいます。
店員さんに味の好みを聞かれますが、全て普通で。
以前は盲目的に麺固めをオーダーしていたんですが、最近は家系の太麺は柔らかい方が美味しいというのに気がついたので、普通でオーダーするようになりました。
厨房を見ると、見たことのない大きな羽釜でグツグツと豚骨が煮込まれていました。
スーパー銭湯ではよく見かける、壺風呂みたいな感じといえば、想像が付くでしょうか。
その横にも大きな寸胴があり、同様にスープが煮込まれているようで、濃厚なスープを期待させます。
んで、ラーメン。
やや油面の多いスープは、豚が主体のクリーミーでズッシリと重い非常にコッテリとしたもの。
今時の横浜家系というと、割とスープはシャバシャバとした軽いタッチなんですが、こちらのはどちらかというとオールドスタイルで、豚骨スープを完全に乳化させてトロリとした口当たりが心強い味わいです。
よくある鶏油の芳ばしさこそ感じませんでしたが、オールドスタイルな本物の横浜家系スープが堪能できます。
麺はストレート太麺。短めにカットされており、加水が少ないながらもモチモチとした噛み応えがあり、濃厚なスープをよく絡めてきます。
固めで食べてみても面白いかもしれませんね。
具材はジューシーなチャーシューにほうれん草、提供時に差してくれる大判の海苔が3枚。
いやぁ、浜松でも本格的な横浜家系ラーメンが楽しめるようになったのは嬉しい感じですね。
(2009/06/14突撃)
蔵前家

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」