ラーメン二郎ツアー

こんにちは、最近食べ歩きの為のお金が足りない、かなり高橋です。
こういうお金の足りない時期に限って色々なイベントが次々入ったりするんですよね。
どうしても都合がつかない場合以外はどんなイベントでも積極的に参加させて頂いているのですが、
今回は随分前から決まっていたというか、行きたいね!と盛り上がっていたツアーだけに、とても楽しみでした。
というわけで、ラーメン二郎ツアーに行ってきました。


ちなみにどんなツアーなのかと言いますと、ラーメン好きな方なら食べた方もいらっしゃるでしょうし、食べたことが無くても耳にしたことがあるはずのお店。
そのお店の名前は・・・「ラーメン二郎」!!
今回は二郎が初めてという会社の同僚数名と、私を含む経験者とで二郎巡りをしてきました。
出来れば最初は三田本店に巡業して欲しかったところですが、各人都合の付く日が日曜日しかないため、やむなく日曜日でもやっている二郎を探していきました。
というわけで、先ず1軒目は目黒店を目指します。
・・と言いたいところですが、折角「目黒」まで繰り出したので、近所にある「ラーメンゼロ」を1軒目に突撃しました。
ラーメンゼロ
こちらはラーメンに「タレ」を使用せず、スープ素材そのものの味を楽しめることが特徴となっています。
タレを使わないラーメンは食べたことが無く、どんな味に仕上がっているのかとても興味があって、ついでというと失礼ですが、その繊細であろう味を楽しむため、二郎の前に突撃してみました。
近隣の駐車場に車を停め、お店に向かうと丁度お客さんが切れたところで、すんなり座ることが出来ました。
注文は券売機で。メニューにはつけ麺もありましたが、もちろんお目当ての「ラーメンゼロ」の食券を買いました。
ラーメンゼロ−ラーメンゼロ
「ラーメンゼロ」 850円
(写真、ピンぼけでスミマセン・・)
丁度客の切れ間だったようで、私たちが座った後はどんどんお客さんが入り、直ぐに行列が出来ていました。
ラーメン自体も思ったほど時間が掛からず提供されてきました。
スープの色合いは何か一つから出た色というわけではなく、様々な食材が合わさっているため、明るい黄土色をしています。
他のラーメンがいかに「タレ」の味が支配しているか逆に発見してしまうほど、ものすごく薄味のスープ。
食べ進めるうちに徐々に舌が慣れてくると、その非常に繊細で奥深い味わいが逆に心地よく感じます。
香りも鶏や魚介といった様々な食材が非常に複雑に絡み合っており、味わい同様ただならぬ雰囲気を醸し出しています。
ただ、タレを使っていないので肩すかしに感じるくらい薄味なので、ある意味マニアックなラーメンとも言えるかもしれません。
麺は北海道産小麦を100%使った贅沢なストレート中細麺。
薄味スープのおかげで、小麦本来の香りを存分に楽しむことが出来ます。
ごく一部の国産小麦を使った麺にありがちな、腰の弱さは全く無いどころか、力強いコシに感心するほどです。
具材はローストしたようなしんなりとしたモモチャーシューに、メンマ・穂先メンマ・鶏そぼろ・柚子・万能ネギに海苔。
このチャーシューもしんなりとした食感を持ちつつも、ジューシーな味付けがなされていて旨いです。
チャーシュー麺にしておけば良かったと思うほどです。
こういうラーメン店に行列が出来るのも、都会ならでは、なんでしょうね。
「ラーメンゼロ」

ラーメンゼロ (ラーメン / 目黒、不動前)
★★★★ 4.0

混み始めたラーメンゼロを後に、続いて向かったのが「ラーメン二郎 目黒店」です。
二郎目黒店
二郎の中でも老舗の部類に入るこちらのお店。
開店は12時からなんですが、1時間以上も前からお客さんが並んでおり、30分前にしてこの行列が出来ていました。
久しぶりの二郎なので、とっても緊張しました。ラーメン食べるのに緊張するというのも変ですけどね。
他の二郎同様、メニューは「小ラーメン」と「大ラーメン」、それぞれに「肉」と「W肉」というトッピングの組み合わせがあり、同行者はみんな「小豚ラーメン」を、私は無理っぽそうだったので「小ラーメン」にしました。
「小ラーメン」は500円。目黒は他の二郎に比べて若干「量(二郎では盛りと言います)」が少ないようですが、それでもビビっていました。
徐々に自分たちの番が近付くにつれ、やや小振りの丼ながらも山と盛られた麺や野菜の量に、期待と恐怖入り交じる複雑な感情が徐々に強まります。
そしていよいよ自分たちの番。
私は店主が湯切りをする直ぐ目の前に座りました。
どうやらここは特等席?のようで、店主が湯切りするそのお湯がたまーに飛んできて、いろんな意味で熱い思いを受け止めながら食べることになります。
一般店なら完全にアウトですが、こんなところも二郎の「味」の一つと言えるかもしれません。
どうやら座る前から麺を茹でているようで、座ってからはさほど待たされることはありません。
そして出てきたのがこの一杯。
二郎目黒店−小ラーメン
「小ラーメン」 500円
麺上げが終わるとトッピングタイム。座った順ではなく、店主からみて右からようで、いきなり私からトッピングコールが入ります。
でも、店主何を言っているのかわからない・・(^^;
とりあえずニンニクだけを乗せてもらう腹づもりだったので、「おねがいします」とだけ言いました。
やや丼が小さく、「小ラーメン」なので盛りはぼちぼち。
でも一般的なラーメンよりはスープが圧倒的に少ないので、写真に見えるモヤシとキャベツの下は全部麺だと思ってください。
レンゲが無いので直にスープを一口・・
とても野性味ある豚の風味と、キリっとした通称「カネシ」と呼ばれる特製醤油の味がダイレクトに感じられるスープ。
これこれ、二郎の味はこうじゃなくっちゃね!
このスープには刻んだニンニクが良く合うんですよね。食べ進めるうちにニンニクの風味がスープに溶け出して、これまたウンマイです!
麺は自家製のゴワゴワとした食感を持つストレート太麺。
「オーション」と呼ばれる、二郎御用達のブレンド小麦粉を使っており、加水の少なさも手伝って独特の食感と強靱な噛み応えを持っています。
慣れていないと食べてるうちにあごが疲れてしまうほどです。
でも、このゴワゴワ感がたまらなく「二郎」なんですよね。
具材はクタっと茹でたキャベツにモヤシ、「豚」と呼ばれる厚切りバラチャーシュー。
チャーシューは脂身が少なく、やや固めに茹で上げられており、個人的には好みじゃないかも。
野菜もクタッとして柔らかめで、麺のハードさに比べると対照的な感じ。
でもね、食べ進めるうちに来ましたよ、未だ二郎に慣れる前のあの感覚が。
普通に食べるように啜っていると、突然やってくるんです。
いきなりロックしたように食べられなくなるんです、お腹いっぱいで。
ラッキーなことにそれは麺や野菜を7割ほどやっつけた後だったので、あとは気合いで乗り切りましたが、正直これでは「負け」ですよね〜・・(^_^;
ちなみに同行者達は難なくクリアし、私よりもかなり早くお店を出て行きましたとさ・・
「ラーメン二郎 目黒店」

ラーメン二郎 目黒店 (ラーメン / 目黒)
★★★☆☆ 3.5

で、その後は全員重い足取りで駐車場まで向かいます。
二郎慣れした一人は途中自動販売機で「ファンタグレープ」買い、私は胃薬を飲みます。
そして夜の部もラーメンなので、のんびり神奈川方面に車を転がします。
各自、食欲を満たした後は性欲のようで、昼間っからエロ話で盛り上がりつつ向かいます(笑)
そして着いたのが、「汁なし」で有名な「ラーメン二郎 横浜関内店」。
二郎横浜関内店
実は当初、二郎をハシゴすることは決めていなかったのですが、折角県外に出るのならと、撃沈覚悟で向かうのでした。
お昼に行った目黒店なんか目じゃないくらい、めちゃくちゃ長い行列が開店前から出来ていました。
でも、目黒もそうだったんですが、二郎はリピーターが食べるのが異様に早いので、行列は長くても実はそれほど待たずに食べることが出来るというのをここで初めて知りました。
そうそう、二郎というとラーメンしかないと思っていましたが、ここ「関内二郎」は和えそばの一派でもあるスープのない「汁なし」と呼ばれるジャンルの元祖とも言えるお店らしく、しかも二郎の「汁なし」でもあるということで、ここもとっても期待して行きました。
不思議なことに目黒で感じた若干の恐怖感はここではなく、むしろワクワク感だけが行列しているときにずっと抱いていた感覚でした。
他の二郎同様、注文は券売機で。ちなみに「汁なし」を食べるときはラーメンの食券と、「汁なし」の食券の2枚を購入します。
「汁なし」は当時80円だったので、ラーメンが600円なので、計680円になります。
そして他の二郎同様、座ってからもそれほど待たずにラーメンが到着します。
ちなみにラーメン同様、トッピングコールが掛かるのでご注意を。私は相変わらず「おねがいします」とニンニクのみトッピングしました。
二郎横浜関内店−汁なし
「汁なし(ラーメン+汁なし)」 680円(ラーメン600円+汁なし80円)
見てくださいよこの豪快な盛りつけ!
これぞ男の食い物、野人の食事!ですよね!
まずは食べたい衝動をグッとこらえ、丁寧にしかし大胆にまぜまぜします。
汁なしとはいえ、丼の底には豚の脂と「カネシ」と呼ぶ醤油ダレなどが混ざるスープのようなものがあり、これ自体はそれほど塩辛くもなければしつこくもない、ちょっとしたスープのような感じです。
ひとしきり混ぜた後は麺を啜ってみます。
すると・・!!!旨いっっ!!!
目黒の時はうーん、これこれ!位の感情しかわかなかったのですが、これは全然別格!
一口目から強烈味のインパクトを感じさせてくれます。
味が濃いわけではなく、どちらかというとゴワゴワとして強靱な噛み応えを持つ二郎らしい強い麺が、ほどよい大きさにカットされたキャベツやモヤシと一緒に食べたときに生まれる、至福の食感が最大の魅力でしょうね。
正直長野でジャンクガレッジを食べたときは旨いと思わなかったんですが、これは先入観抜きでうんまいです、最高です!
野菜の大きさや茹で加減が丁度良いのに加え、肉厚で脂身の多い巻きバラチャーシューもこの「汁なし」の雰囲気にピッタリな豪快な感じが良く合っていますよね。
量もそこそこあるかと思いますが、これは目黒の時のように苦しむことなく一気に食べてしまいました。
旨さが食欲を牽引した感じです。これなら「大ラーメン+汁なし」でも良かったかも。
ここではラーメンも是非食べてみたいです。この感じならきっとウンマイはず!
圧倒的に好印象を残してお店を後にしました。
「ラーメン二郎 横浜関内店」

ラーメン二郎 横浜関内店 (ラーメン / 伊勢佐木長者町、関内、日ノ出町)
★★★★ 4.0

いやぁ、まさか同じ日に二郎をハシゴするとは思いもよりませんでした。
前日にラーメン友達からも、二郎をハシゴするなんてアホ過ぎる!と笑われたものですが、二郎好きなら最高に面白いですよ。
同行者も、「こんな機会(ハシゴ二郎)2度と無いだろうね〜」なんて笑いながら帰りましたが、私は既にまたハシゴしたくなってますし、多分同行者もそうなんじゃないかな〜
そこで一句。
二郎ツアー、帰った頃には、また行きたい!
ひねりもなーんも無い句ですね、スミマセン(^_^;

タグ:

こちらの記事もオススメ!

Facebookコメント

コメント 10件

  1. 桜ヶ丘の住人 より:

    目黒の二郎、懐かしいです。6年前、職場が近くだったのですよ。しかし、日曜とはいえ、そんなに並んでるんですね。夜はそんなでもなく、1ローテーションくらいで座れてたので。(平日ですけど)
    んがぁ、二郎の前に一杯やっつけたんですか???ほんとですかぃ?
    なにはともあれ、ご無事でよかったです。。。

  2. かなり より:

    >桜ヶ丘の住人さん
    あの行列、流石二郎だなぁ・・とむしろ感心してしまいましたよ。
    私は食べるのが元々遅いのですが、それが災いしてか、目黒の時は途中に食べ進められなくなりましたね。
    でも、関内の時はサックリだったのが不思議です。
    また行きたいです!

  3. ねかだう より:

    みなとみらいに出張があり、これ幸いとかなりさんのレポートを見ながらラーメン二郎横浜関内店に行ってきました。
    いつもは大盛りを頼む自分ですが少しビビッてしまい、汁なし小ラーメンを食べました。それでもお腹一杯になります。さすが二郎!
    そういえば、隣の常連さんが最後に少し残してスープを入れて貰っていました。
    なるほど!やってみれば良かった。

  4. 暴飲爆食 より:

    関内で汁なし食ってきたんすか〜!いいな〜、うらやましいな〜!
    ホントにうまいんですよね、特に揚げネギがいい!そしてキムチトッピングで混ぜ混ぜ。
    関二郎の普通のラーメンも美味しいですよ〜(オイラの中の二郎ランキングでは、1位か2位)
    しかしながら、二郎のハシゴとは・・・かなりサンも立派な「ジロリアン」ですね。

  5. かなり より:

    >ねかだうさん
    突撃レポートありがとうございます。
    最後のスープ投入!いいですね!!それ次回は絶対やります!
    多分、二郎らしい食べ方(あんまり噛まずにどんどんお腹に入れる)すれば、「大」でもイケルと思いますよ。
    >暴飲爆食さん
    やっぱそうですか。次回は是非普通のラーメンを食べたいと心底思いました。
    キムチトッピングされる方も結構いらっしゃいました。
    私も試してみたいと思います。

  6. ラーメン二郎 横浜関内店 神奈川県横浜市

     今流行りの汁なしラーメン発祥の地というのを聞き、ずっと訪問したいと思っていたラーメン店に初訪問です。
     ラーメン二郎は数年前に三…

  7. 裕治伯爵 より:

    二郎をハシゴする勇気!裕治伯爵でも無理です。さて、長泉に引越すまでは30年近く横浜在住!都内勤務でしたので、二郎さんは色々と行きました。そんな中で個人的に一番好みは、川崎店です。もし機会がありましたら是非、行かれてみて下さい。しかし、二郎!ラーメン店で考えたら評価は悪いですが、二郎だと思って行けば問題無し!笑えます。

  8. かなり より:

    >裕治伯爵さん
    二郎を色々食べ歩くのも面白そうですね。
    早速禁断症状が出始めているので、時期を見てまた行きたいと思います。

  9. 通行人 より:

    先週、三田本店に行きました。オヤジさんが半分くらいのサイズになってしまいましたが、お元気そうでなによりでした。歳をとって早く目覚めるので9時15分頃から営業しているとのことですので、朝食として1杯をお勧めします。

  10. かなり より:

    >通行人さん
    コメントありがとうございます。
    三田本店も暫く行ってないので、あの異空間を体験しに行きたいです!
    9時15分から営業されているんですか、でも朝っぱらから大量の二郎はチャレンジですね〜(^_^;

コメントを投稿する

© 2005 - 2009 静岡ラーメン情報ブログ「しずめん!」